アップルウォッチのステンレスは後悔する?アルミで十分?値段や違い傷消し方法を調査!

アップルウォッチにはさまざまなシリーズがありますが、大きく分けてステンレス・チタン・アルミニウムボディで作られたものがあります。

値段の差でいうとアルミニウムよりステンレスの方が断然高価となっているのですが、ステンレスの方が耐久性・が優れており、高級感はバツグンです。

しかし、一方では、

「さほど機能に変わりがないのなら安いアルミニウムでも良いのでは?」

という声もあります。

さて、アップルウォッチはステンレスとアルミニウムならどのような違いがあるのでしょうか?

そこで今回はアップルウォッチのステンレス・アルミニウムだとどう違うのかを見ていきましょう。

目次

アップルウォッチのステンレスは後悔する?

アップルウォッチのステンレスを買って公開するかしないかでいうと、好みにもよるのでなんともいえません。

しかし、アップルウォッチのステンレスモデルは高額なこともあり、同じ機能を兼ね揃えているのならアルミニウムモデルでも良いのではという意見もあります。

一方、高級感を演出したい方にとってはステンレスモデルはおすすめで、耐久性も兼ね揃えていることからステンレスモデルを選んでいる方もいるのです。

重さもステンレスモデルの方がありますが、アルミニウムモデルはステンレスモデルほどの耐久性がないので、傷が目立つというデメリットもあります。

後悔するかしないかでいうと人それぞれ価値観が違うのでなんともいえないのが現状です。

アップルウォッチのステンレスは後悔する理由は?

アップルウォッチのステンレスを購入して後悔する理由としては、値段が高いことと傷がついてしまうことが挙げられます。

その理由を詳しく見ていきましょう。

ステンレスモデルは高い

アップルウォッチのステンレスモデルは約10万円程度の値段となっていますが、アルミニウムモデルは約6万円程度となっています。

そのため、ステンレスモデルの高級感はあっても、機能的に大差はないのでアルミニウムモデルでも良かったのかもという声もあるのです。

質感でいうと、アルミニウムモデルは光沢がないのに対し、ステンレスモデルは光沢があるので、高級感は一目瞭然です。

しかし、スマートフォンと同じように使いたいときはキャリアの契約が必要なので、ステンレスモデルを高い値段で購入して毎月通信料を払うことを考えるとコストがかかるというデメリットがあります。

ステンレスモデルは傷がつきやすい

アップルウォッチには、

  • アルミニウムモデル
  • ステンレスモデル
  • チタンモデル

の3つがありますが、金属の固さでいうと、チタンモデル>ステンレスモデル>アルミニウムモデルとなっているので、ステンレスモデル・アルミニウムモデルは傷がつきやすい傾向があります。

傷がついた場合は市販のステンレス用研磨剤を使って傷を消すこともできますが、完全に元通りにすることは難しいのが現状です。

そのため、高い値段で購入した割に使い方1つでは傷がついてしまうので、過酷な状況下で使う方からしてみると、「傷になるくらいならアルミニウムモデルの方が良かった」という嘆きの声もあります。

アップルウォッチステンレスモデルの口コミ・評判

それでは、実際にステンレスモデルを購入した方々はどのように感じているのでしょうか?

SNSから口コミを探ってみました。

ステンレスモデルを買って良かったという人の口コミ・評判

アップルウォッチのステンレスモデルの中には、ステンレス&ゴールドのカラーがあるのですが、実はこのカラーは傷が目立ちにくく、高級感があって良いと高評価を集めています。値段は高い物の、高級感を味わえるのは間違いありません。モチベーションアップにつなげられたり、便利さを味わえたりとメリットがあります。

ステンレスモデルを買って後悔したという人の口コミ・評判

アップルウォッチステンレスモデルに集まる悪い口コミとしてよくあるのは、「高い」「コスパが悪い」がダントツに多いです。機能性は全く変わらないのにステンレスを選ぶ理由が金属アレルギーだったり高級感を求めたりとありますが、やはり結果的に高すぎるというデメリットは否めません。

applewatch はアルミで十分?

正直なところ、金属アレルギーがなく、傷をつける恐れがある状況下で使用するのではあれば、アルミニウムモデルで問題ありません。

ステンレスモデルの良いところは、金属アレルギーの方が安心して使えるということと、高級感を味わいたい方におすすめという点です。

それ以外の使い勝手はアルミニウム・ステンレスともに変わりはないので、見た目を特にこだわらないのであればアルミニウムモデルでも十分アップルウォッチの機能を使うことができるでしょう。

アップルウォッチのステンレスモデルとは?

アップルウォッチのステンレスモデルの価格や魅力が気になる所ですよね。

そこで、アップルウォッチのステンレスモデルについてご紹介します。

アップルウォッチステンレスの値段

アップルウォッチSeries 9には、アルミニウムモデル・ステンレスモデルがありますが、ステンレスモデルの価格は、時計の画面の大きさによっても違います。

  • 41mm:109,800円~
  • 45mm:117,800円~

カラーは3色あり、ゴールド・シルバー・グラファイトから選ぶことが可能です。

また、さらにここからバンドを選ぶことで値段が変わってくるのですが、おおよそ125,000~163,000円前後となります。

ステンレスモデルの魅力

ステンレスモデルの魅力は、傷に強いだけでなく長期間使い続けることでその価値がより際立つところです。

また、光沢があるため、フォーマルな場面での着用で高級感を演出できるため、ビジネスでのシーンに適しているという点も魅力です。

ただし、この耐久性と高級感はアルミニウムモデルには無い魅力といえるでしょう。

Apple Watchのステンレスモデルとアルミモデルの違い

Apple Watch のステンレスモデルとアルミモデルの違いは、【本体価格】・【使用目的】・【前面ガラスの素材】などが挙げられます。

ステンレスモデルはアルミニウムモデルよりも硬く、衝撃に強いので、スポーツや身体活動中に使用しても耐えられますが、アルミニウムは柔らかいため、たわみや傷などの変形が起きやすい材質です。

また、ステンレスモデルはアルミニウムモデルよりも本体価格が高く、使用方法によっては月額料金も発生するため、コスト負担が大きくなります。

前面ガラスの素材も異なり、アルミモデルには【Ion-X前面ガラス】、ステンレススチールモデルには【サファイア前面クリスタル】が採用されています。

ただし、本体性能に差はないため、見た目や使用目的で選ばれているのが現状です。

フィットネス用に使用したい場合はアルミモデル、ビジネスシーンやプライベートで高級感のある腕時計を求める場合はステンレスモデルが適しているでしょう。

アップルウォッチステンレスの傷消し方法はある?

ステンレスモデルはアルミニウムモデルよりも硬い金属なので、傷がついた場合は市販のステンレス用研磨剤を使って傷を消すことができます。

深い傷の場合は完全に消すことは難しいですが、浅い傷であればステンレス用研磨剤できれいにすることが可能です。

アップルウォッチのステンレスがおすすめの人は?

アップルウオッチのステンレスモデルがおすすめな方は以下の通りです。

  • スポーツや身体活動を行っている方
  • ビジネスやプライベートで高級感を演出したい方
  • 金属アレルギーの方

ステンレスモデルは傷がつくといっても、小さな傷であれば研磨剤できれいにすることも可能であり、ゴールドカラーであれば傷が目立ちにくいといわれています。

スーツを日常的に着用してビジネスを行ってる人であれば、高級感を演出できるのでステンレスモデルがおすすめです。

アルミニウムだと金属アレルギーが出てしまう場合は、ステンレスモデルは金属アレルギーも起きにくいといわれているので、ステンレスモデルを選んだほうが良いでしょう。

「アップルウォッチ ステンレス 後悔」を検索する人がよく思う質問4選

アップルウォッチの何がそんなにいいの?

アップルウォッチを手首の上に装着するだけで、iPhoneをポケットから取り出すことなく、

  • 電話の応答やメッセージの受信をチェック
  • Apple Payでの支払い
  • 音楽の再生

などの操作を簡単にできるのがメリットといえます。

また、Wi-Fiやモバイルデータ通信に接続されていれば、iPhoneを持ち歩いていなくても電話の送受信やメッセージの送受信・Siriを使ったルート案内などの操作を行うことができます。

アップルウォッチはどのような人に向かないのか?

アップルウォッチは、アップル社の製品なので、iPhoneを使っていない方は使えません。

その他にも、充電が面倒であったり電子決済や電話をあまり利用しない方には機能を持て余してしまう可能性があります。

また、「腕時計」の感覚で購入するには高価な物なので、検討してから購入するようにしましょう。

Apple Watchがあってよかったことは何ですか?

  • Phoneを取り出すことなく、電話の応答やメッセージの受信・チェック、ApplePayでの支払い、音楽の再生などが手首で簡単に操作できること
  • 着信があったとき腕を振動させて知らせてくれるため、メールやLINEなどの着信に気づきやすいこと
  • 健康管理・フィットネス機能が豊富で、心拍数や各種ワークアウト、心電図の記録などができる
  • 充電スピードが速く、充電切れの状態から80%までの充電に約45分というスピードで充電ができる
  • 機能性だけでなく、ファッション性が良く、本体サイズや素材・バンドの種類などが豊富に用意されているので選ぶ楽しみがある

以上のことが挙げられます。

ビジネスで連絡を素早く返すことが必要だったり、健康管理をしたいという方にはとても便利な機能を兼ね揃えたアイテムだといえるでしょう。

アップルウォッチは何年で変えるべき?

アップルウォッチの寿命は、一般的に4~5年程度といわれています。

アップルウォッチのバッテリーには、フル充電サイクルを約1,000回繰り返すと耐用年数に近づくリチウムイオンバッテリーが使用されています。

そのため、バッテリーの持ちが悪くなるのは3~5年程度といわれており、交換時期は4~5年を目安にするのが良さそうです。

まとめ:口コミや評判も要チェック!

アップルウォッチを使用している人は沢山いますが、なかなか高額なので手が出ないという人がいるのも事実です。

実際、こんな機能が使いこなせたらいつもの生活がより良くなるだろうというメリットをアップルウォッチで見出せるなら、アップルウォッチを購入するのがおすすめです。

しかし、腕時計程度で利用するというのであれば、機能を持て余してしまうのでもったいないかもしれません。

迷った時は、SNSやアマゾンなどの大手ネットショッピングモールでの口コミを参照してみましょう。

実際に使用している方々の口コミはとても参考になるはずです。

アルミニウムモデル・ステンレスモデルともにそれぞれの良さがありますので、高級感を味わいたい方やモチベーションを維持したい方は、是非ステンレスモデルを検討してみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次