\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

キャンドルウォーマーのデメリットは?【危ない・匂いがしない】対策とおすすめ商品

お洒落で可愛く便利だと評判のアイテム、キャンドルウォーマー

人気の一方で、キャンドルウォーマーのライトがまぶしい、危ない、匂いがしないと感じる人もいます。

この記事では、キャンドルウォーマーのデメリットや対策、そしておすすめの商品についても解説をしていきます。

キャンドルウォーマーのデメリットは?

引用:https://stylestore.jp/

キャンドルウォーマーは、キャンドルの香りを炎を使わずに楽しむことができる便利なアイテムですが、使用する上でいくつかのデメリットが存在します。

ここでは、キャンドルウォーマーの主なデメリットについてご紹介します。

電気代がかかる

キャンドルウォーマーを使用するには電力が必要です。

長時間使用すると、それなりに電気代がかかってしまいます

とくに高出力のモデルの場合、電気代は通常よりも高くなってしまうでしょう。

省エネタイプの製品を選ぶか使用時間を調節することで、コストを抑えることができます。

電源コードが邪魔

多くのキャンドルウォーマーは電源コードが必要であり、置く場所によってはコードが邪魔になることがあります。

テーブルの上など限られたスペースで使用する場合、コードの存在が気になる方も多いでしょう。

コードレスのモデルを選ぶか、コードを上手く隠す工夫が求められます。

サイズが大きい

一部のキャンドルウォーマーはサイズが大きく、置き場所に困るケースがあります。

小さな部屋や限られたスペースには不向きなモデルもあり、場所を取ることがデメリットになることも。

サイズを事前に確認し、部屋のスペースに合った製品を選ぶことが重要です。

ライトがまぶしい

キャンドルウォーマーには、キャンドルを温めるためのライトが装備されていますが、このライトがまぶしいと感じる人もいます。

とくに就寝前など暗い部屋で使用する場合、ライトの明るさが気になることがあります。

調光機能が付いているモデルを選ぶか、使用する環境を考慮することが望ましいです。

キャンドルウォーマーのデメリットについての対策

キャンドルウォーマーは、キャンドルの香りと温かみを楽しめる一方でいくつかのデメリットが存在します。

しかし、対策をすることでデメリットを緩和することが可能です。

ここでは、キャンドルウォーマーの主なデメリットとそれぞれの対策について解説します。

タイマー付きを選ぶ

キャンドルウォーマーの電気代が気になる方には、タイマー付きのモデルの購入をおすすめします。

  • 消し忘れによる長時間の使用を防ぐことができ、電気代の節約に

電源不使用タイプのものよりは電気代はかかりますが、通常の使用よりも無駄な電力消費を防ぐことができるでしょう。

コードレスタイプを選ぶ

電源コードが場所を取る、見た目が悪いというデメリットを感じる場合は、コードレスタイプ(充電式)のキャンドルウォーマーを選ぶと良いでしょう。

  • コードがないので、ストレスにならない
  • 置き場所も選ばず、インテリアとして楽しめる

ただし使用時間に限りがあるため、利用状況に合わせて選択する必要があります。

コンパクトサイズを選ぶ

サイズが大きくて置き場所に困るという問題には、コンパクトサイズのキャンドルウォーマーを選ぶことをおすすめします。

  • テーブルの上や棚の端など限られたスペースでも置くことができ、邪魔にならない

サイズが小さくても十分な機能を持つ製品が多数あります。

調光機能付きを選ぶ

キャンドルウォーマーのライトがまぶしいと感じる場合、調光機能付きのモデルを選択することで快適性が向上します。

  • 使用する場面や時間帯に合わせて、ライトの強さを調整できる

とくに就寝前やリラックスタイムでは、明るさを調整することでより快適な空間をつくることができるでしょう。

キャンドルウォーマーとは?

引用:https://item.rakuten.co.jp/

キャンドルウォーマーとは、火を使わずにキャンドルの香りを楽しめるよう設計された電気式の装置です。

電気の熱でキャンドルを温めることで、火を使うリスクを避けることができます。

キャンドルウォーマーのしくみ

熱源は、電球やヒーティングプレートを採用

キャンドルのワックスを熱源でゆっくりと溶かしていくことで、香りを放出させる

また、多くのキャンドルウォーマーには美しいデザインが施されており、インテリアとしても部屋の雰囲気を高めてくれます。

キャンドルウォーマーは火事にならない?

キャンドルウォーマーは炎を使用しないため、キャンドルに比べて火事のリスクが格段に低いです。

しかし、電気製品なので使用中に装置自体が発熱する可能性はあります。

安全性を確保するために、製品を使用する際は基本的な注意事項を守ることが重要です。

周囲に燃えやすい物を置かない
長時間の連続使用を避ける
使用後はプラグを抜く(コードを差したままにしない)

キャンドルウォーマーの匂いしないときは?

キャンドルウォーマーを使用していても香りが感じられない場合、以下の原因が考えられます。

  • キャンドルの質
    アロマの含まれる量が少なく香りが弱いキャンドルや、香りの持続時間が短いキャンドルでは、期待したほどの香りが得られないことがあります。
  • 使用環境
    部屋が広すぎたり、空気の循環が良すぎたりする場所では、香りが薄まってしまう場合があります。

より香りの強いキャンドルを選んだり、部屋のサイズに合ったキャンドルウォーマーを使用するなどの対策が有効です。

おすすめのキャンドルウォーマーはこちら!

引用:Amazon | 本, ファッション, 家電から食品まで | アマゾン

キャンドルウォーマーは、リラックスタイムをより豊かに彩るアイテムです。

こちらでは、とくにおすすめのタイプを幾つか紹介いたします。

どのモデルもそれぞれに利点があり、生活空間や使用するシーンに応じて選ぶことができます。

コンパクトデザインのキャンドルウォーマー

このモデルは、限られたスペースに最適化された形が特徴的です。

コンパクトながらも機能性を損なうことがなく、オフィスのデスクや小さなサイドテーブルにもすっきりと収まります。

小さい部屋や作業スペースでも圧迫感を感じさせず、お部屋のインテリアとしても馴染みやすいデザインが多いため、空間を選ばず使えるのが魅力です。

調光機能付きモデル

このキャンドルウォーマーは、照明の明るさを自由に調節できる機能を備えています。

柔らかな灯りでリラックスしたい夜や、少し明るめの照明で読書を楽しみたい時など、さまざまなシーンに合わせて光の量を調整することが可能です。

タイマー機能付き

長時間の使用による電気代の心配を解消する、タイマー機能付きモデルもおすすめです。

事前に設定した時間が経過すると自動でオフになるため、外出前や就寝時でも安心して使用することができます。

キャンドルウォーマーはニトリ・イケア・100均でも買える?

初めてキャンドルウォーマーを購入するという人には、ニトリイケア100均もおすすめです。

ニトリで購入する

・季節によって、キャンドルウォーマーを取り扱っている場合がある

・インテリアに合わせやすい、シンプルなデザインが特徴

イケアで購入する

・おしゃれなデザインのキャンドルウォーマーが豊富

・機能性とデザインを兼ね備えた製品が多い

100均で購入する

・シンプルで安価なキャンドルウォーマーが販売されていることがある

・低価格で手軽に試すことができる

  品質や機能性には差があるため注意

これらのお店は、近隣に店舗があるという人も多いでしょう。実際に製品を確認をしたうえで、自分の理想に合ったものを選んでください。

キャンドルウォーマーにおすすめのキャンドル【ジョーマローン】で人気の香りは?

引用:ジョー マローン ロンドン - 公式オンラインショップ (jomalone.jp)

ジョーマローンのキャンドルは、上品で洗練された香りの人気商品です。

キャンドルウォーマーと組み合わせて使用することで、火を使わずに安全に香りを楽しむことができます。

ジョーマローンの中でも特に人気のある香りをいくつかご紹介します。

ライム バジル & マンダリン
ジョーマローンを代表する香り。
フレッシュなライムと香り高いバジル、そして甘いマンダリンの絶妙なブレンドが特徴。

おすすめの利用シーン  キッチンやリビングでの使用に最適で、明るく爽やかな気分をもたらします。
ピオニー & ブラッシュ スエード
豊かで華やかなピオニーの香りに、柔らかなスエードのノートが加わった、洗練されたフローラルの香りです。

おすすめの利用シーン 寝室やバスタイムにぴったりの、優雅で落ち着いた雰囲気を演出します。
イングリッシュ ペアー & フリージア
秋の果実としての甘いペアに、清涼感あふれるフリージアが調和した香りです。

おすすめの利用シーン どこか懐かしく温かみのあるこの香りは、家全体に穏やかな安らぎを提供します。

「キャンドルウォーマー デメリット」を検索する人がよく思う疑問4選

キャンドルウォーマーで香りがなくなるのはなぜですか?

キャンドルウォーマーで香りがなくなる主な理由は、キャンドルの香料が熱によって徐々に揮発し尽くされるためです。継続的に温めることで香料が空気中に拡散し、最終的には香り成分が減少してしまいます。

キャンドルウォーマーを使うとキャンドルはどうなるの?

キャンドルウォーマーを使用すると、キャンドルのワックスが熱によって溶けることで香りが放出されます。炎を使用しないため、煙やすすが発生せず、安全に香りを楽しむことができます。また、キャンドルの寿命も延びる可能性があります。

キャンドルウォーマーでロウは減らない?

キャンドルウォーマーでは、ワックス自体は液化しますが、熱源から離れると再び固まります。そのため、ワックス自体は減少せず、燃焼とは異なり、繰り返し香りを楽しむことが可能です。

キャンドルウォーマーランプのメリットは?

キャンドルウォーマーランプのメリットは、炎を使用せずに香りを安全に楽しめる点です。煙やすすが発生しないため、室内が汚れにくく、また、火を使わないため安全性が高く、長時間の使用や就寝時でも安心して使用できます。

目次

まとめ

キャンドルウォーマーは、火を使わずにキャンドルの香りを楽しむことができる便利なアイテムですが、使用する上でいくつかの注意点があります。

安全性を確保するために、製品の取扱説明書をよく読み、推奨される使用方法に従うこと、そして他の電気製品と同様に、定期的な清掃とメンテナンスを行うことが不可欠です。

また、香りをしっかりと感じたい場合は、キャンドルの質や部屋のサイズ、空気の流れを考慮することもポイントです。

これらの点に注意してキャンドルウォーマーやキャンドルを選ぶことで、安全かつ快適に香りを楽しむことができるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次