\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

電話帳検索で個人宅の電話番号を調べる方法!ネットなど調査方法9選

「通信料の固定費を削減したい」

「スマホは使うが固定電話は滅多に使わない」

という理由から、ここ最近では固定電話、個人宅の電話番号を登録しない世帯が増えています。

しかし、なにかあったときのために固定電話は必要になってきます。では調べるにしろ、どのような方法で調べたらよいでしょう?

一番手っ取り早いのはネットで検索する方法です。

スマートフォンやパソコンが普及する時代、この記事では電話帳検索で、個人宅をハローページなしで調べる方法をいくつかまとめました。

「久しぶりに連絡をとりたいが、電話番号がわからなくて困った!」

そんなときでも名前や住所が分かれば、ネットでハローページのように個人宅の電話帳検索をすることができます。

名前を入力するだけで、個人宅の電話番号検索や住所検索が簡単にできる専用のサイトもあります。

無料のものと有料のものがありますが、それぞれ検索できる内容に違いがあるのでわかりやすく解説していきます。

電話帳検索で個人宅の番号を調べならタウンページ?ハローページ?

引用:https://www.ntt-tp.co.jp/

タウンページでは個人宅の電話番号検索はできない

電話番号を検索するにあたって、タウンページで探そうとするでしょう。

そもそも、タウンページでは個人の電話番号検索することはできません

タウンページは以下の目的で発行されています。

タウンページTownPage)は、東日本電信電話(NTT東日本)及び西日本電信電話(NTT西日本)が発行する職業別(業種別)電話帳である。

https://ja.wikipedia.org/

混同してしまうこともありますが、個人宅の電話場号と住所を知りたい場合はハローページを利用しましょう。

個人宅の電話番号検索はハローページ

個人宅の電話番号が掲載されているハローページをベースに作られたサービスです。

これは、ほとんどが有料です。

昔はNTTが運営していた個人宅の電話番号検索サービス「エンジェルライン」というのがあったんですが平成23年に廃止されています。

今(2023年)時点でハローページを元に、個人宅の電話番号検索ができるサービスは営利目的で運営されているサイトだけ。無料で使える範囲もあるので試してみてください。

ただし、ハローページは廃刊

実は個人宅の電話帳、ハローページは、

2021年10月以降、順次終了ということが決まっています!!

ハローページの発行・配布終了について。現時点ではもう新たに発行されることはないという状態です。

ハローページを入手する方法は、NTTに直接申し込みをします。連絡先は以下になります。

ハローページの配達希望や発行・配布終了に関するお問い合わせについて                   電話:0120-303586 受付時間:午前9時~午後5時(土日・祝日、年末年始を除きます)           ハローページは終了しますが、104の電話番号案内は継続して利用できます。                 住所がある程度わかっているのなら、104で聞いてみる方が早いかもしれません。

個人宅の電話番号を調べる方法【ネット検索】

電話帳検索・実(みのる)

固定電話の50音別電話帳「ハローページ」。

発行しているNTTでは、ネットでの掲載はしていません。ネットで調べられる方法は他にあるのか?

検索する方法「電話帳検索・実(みのる)」を含めて、いくつか説明していきます。

個人宅の電話番号を検索するのにおすすめなのが、「電話帳検索・実(みのる)」。お年寄りや障害のある方にも探しやすい媒体としてつかわれています。

特徴として、ハローページのデータ3年分から探せること。

ハローページのデータを元にしており、2000年版・2007年版・2021年版の3年分から探せます。

方法1.住所を選んで探せる お探しの都道府県から選び、住所から探すことができます。           方法2.検索窓に名前を入力して探せる 画面上部にある検索窓に、名前(世帯主)を入力して探すこともできます。

ネットの電話帳-住所でポン!

「ネットの電話帳ー住所でポン!」というサイトでも探せます。

探せるデータ内容は先程の「電話帳検索・実」と同じ。

3年分のハローページのデータを元に検索できます。 

  • ネットの電話帳ー住所でポン!2012年版 
  • ネットの電話帳ー住所でポン!2007年版 
  • ネットの電話帳ー住所でポン!2000年版

方法1.住所から選んで探せる お探しの都道府県から選び、住所から探すことができます。   
方法2.検索窓に名前を入力して探せる 画面上部にある検索窓に、名前(世帯主)を入力して探すこともできます。

GoogleやYahoo!で検索

GoogleYahoo!で検索してみるのも、一つの方法です。

検索窓に名前や地名、さらに「電話番号」と入力し検索します。可能性は低いですが、これで見つかることもあります。

詳しい住所がわからなくても、住んでる市町村で大丈夫です。住んでいる市が曖昧なら、都道府県名を入力するだけでも探し出せることもあります。

関係のない情報もたくさんでてきてしまうようなら、「個人名 住所 電話番号」で絞り込んでいくといいです。

たとえば、東京都に住んでいる山田花子さんの個人宅の電話番号検索をしたいときは、検索窓に「山田花子 東京都 電話番号」のように入力するということです。

詳しい住所がわかるなら、それを入力した方が見つかる確率は上がります。しかし、山田花子さんなどのよくいる名前、同姓同名の人がたくさん出てきてしまい判断が付かない場合もあります。

珍しい個人名なら住所さえわからなくても、名前だけで一発で電話番号が出てくる可能性もあります。

ネットの電話帳-住所でポン!アプリ版

それでも見つからない場合は、「ネットの電話帳ー住所でポン!」のアプリ版もあります。

こちらをダウンロードすれば、2019年版までのものが検索可能です。

ただし、月額480円の利用料が必要です。※利用後に解約しないと毎月課金されます。

ダウンロードして見つからなかったらイヤだ、という考えを持つ方が多いと思います。1つの番号を調べたいだけなら、NTTの番号案内のほうをおすすめします。

1つの電話番号を調べたいだけの場合、こちらは高いように思います。NTTの番号案内「104」がおすすめです。

Facebook(フェイスブック)

フェイスブックは、実名で登録するのがルールです。

フルネームがわかっていれば、フェイスブックの検索窓にいれてみてください。

同姓同名が何人もでてくる可能性はありますが、知り合いならプロフィールなどで判別できるかと思います。

メッセージを送るときは、しっかりと確認してからにしましょう。電話じゃなくても連絡はとれます。

個人宅の電話番号を調べる方法【ネット以外】

NTTの番号案内「104」を利用する

ネットで電話番号が見つからない場合。また無料のもので見つからなかったときには、他の方法で探した方がいいかもしれません。

料金はかかりますが、NTTの番号案内「104」を利用するのが早いです。 

時間帯により変わり、1件の案内ごとに料金が発生。※携帯からの利用の可否や料金は、契約の通信事業者により異なります。番号照会できなかった場合は、無料です。

図書館でハローページを閲覧する

ハローページは、図書館でも閲覧することができます。

基本的に図書館の所在地周辺地域のものを見ることが可能です。

全国の電話帳を見れる場所も。全国電話帳閲覧場所一覧で確認できます。

ただし、貸出はしていません。その場で閲覧して調べる形になります。

そして注意するべきは、各図書館で保管されいているハローページの種類が違うそうです。事前に確認したほうがいいでしょう。

ハローページを購入する

ハローページは、配達してもらうことも可能です。

固定電話を契約していれば、そのエリアの電話帳は無料でもらえます。

契約がない場合、有料で手に入れることができるようです。

NTTの固定電話の契約をしていなくても、タウンページセンター(0120-506-309)に電話をすればハローページを届けてもらえます。

ネットではこちらのNTTタウンページに、都道府県と市町村を入力して、ハローページにチェックを入れて購入することができます。

ハローページ1冊110円と送料が539円かかります。

ちなみに、NTTの固定電話の契約をしている場合は、設置場所の都道府県内であれば、1電話番号に1冊は無料で届けてもらうことができます。

探偵に調査してもらう

個人宅で、ハローページにもでていない、電話番号検索しても見つからない、となれば探偵の仕事になります。

名前や大体の住所から電話番号を調べ、逆に固定電話から持ち主の氏名、住所を調べる。こういった調査をやってくれるところがたくさんあります。

もちろん、個人宅の電話番号を調べることもできます。料金は5万円前後が多い印象です。

まとめ

ハローページのように、個人宅を名前や住所から電話帳検索する方法はいくつかありましたが、まずは無料のもので試してみてください。

固定電話を解約していたり、ご時世にかなってハローページに電話番号を載せていない人も多いので見つからない可能性もありますが、googleやyahoo!など電話以外の方法で連絡をとる手段もあるということを、覚えておくといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次