\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

うつ病の彼氏とは別れるべき?冷める場合や別れたがる場合・恋人の存在について

パートナーがうつ病になってしまったとき、あなたはどうしますか?

密接な関係の人がうつ病になると、さまざまなフォローや気遣いが必要になります。

その結果、自分自身がうつ病のような状態になってしまうことも少なくありません。

今回は、彼氏がうつ病になった場合に別れるべきなのか、どうしたらよいのかをご紹介していきます。

うつ病の彼氏とは別れるべき?

彼氏がうつ病になってしまった場合、相当な覚悟がない限りは別れた方が良いかもしれません。

うつ病の場合、さまざまな面で気をつかわなければなりません。

例えば、うつ病の人に「がんばれ」といった応援や、責めるような言い方は厳禁です。

症状が余計にひどくなってしまう可能性もあり、お互いにツラくなってしまいます。

特に、自分自身のメンタルも浮き沈みが激しい場合、支えるのは容易ではありません。

好きな人がうつ病になると、別れを選択するとなれば見捨てるようで心苦しく感じるかもしれません。

しかし、支えていくうえであなた自身がうつ病になってしまう可能性もあります。

現実的に考えたら、別れを決断したほうが良いかもしれません。

たとえ別れを決断したとしても、決して悪いことではありません。

彼氏がうつ病になってしまった場合

彼氏がうつ病になってしまった場合、彼氏の生活パターンによって対処方法が異なります。

場合によっては、別れを選択しなくても済む可能性も十分に考えられるのです。

ここからは、彼氏がうつ病になってしまった場合のパターン別の対処法をご紹介していきます。

同棲している彼氏がうつ病になったパターン

一緒に暮らしている彼氏がうつ病になってしまうと、あなたも困ってしまうのではないでしょうか。

同棲をしている、ということは生活を共にしており、生活費などがかかってきます。

しかし、うつ病になってしまうと働くことも難しくなるケースが大いにあります。

その場合は、生活費をあなた自身が稼がなくてはならなくなり、あなた一馬力で生活していくことになります。

それにも関わらず、生活費は2人分かかりますので大変です。

また、うつ病になってしまうと家事などが難しくなるケースもありますから、家事もあなたがやらなくてはならない可能性が出てきます。

彼氏のうつ病にしっかりと向き合いたいと思っても、なかなか時間に追われて難しい可能性があるでしょう。

もし、実家や友人などに頼ることができる場合は、周りに頼りながら彼氏を支えていくことができるかもしれません。

しかし、それらも難しい場合は、同棲を解消して別れを選択してもおかしくありません。

実家暮らしの彼氏がうつ病になったパターン

実家暮らしの彼氏がうつ病になってしまった場合は、彼氏の親や兄弟などもフォローを受けることができるため、あなたの負担は軽くなるでしょう。

もちろん、うつ病になった人と関わるときは気を遣ったり、時に傷ついたりすることもあります。

しかし、経済的な支援や生活の支援などは彼氏の家族に任せることができるため、同棲よりは負担は少なくなりますね。

彼氏が実家暮らしの場合は、たとえうつ病になったとしても付き合いを続けていくこともできると思われます。

ただし、彼氏と関わるときにはさまざまな配慮が必要になり、それが苦しく感じてしまう人も少なくありません。

その場合は、別れを選択してもあなたが責められることではありません。

付き合いを続ける場合も、別れを選択する場合もどちらも間違いはありませんよ。

一人暮らしの彼氏がうつ病になったパターン

一人暮らしの彼氏がうつ病になってしまった場合は、色々と心配になってしまうかもしれません。

特に、生活面で「しっかりと生活できているのか」や「問題が起きていないか」など、離れている間気になってしまうでしょう。

一人暮らしの彼氏が、実家に頼ることができるのであれば、彼氏の家族を巻き込んで支えていったほうが良いでしょう。

それであれば、あなたの負担も軽くなり付き合いを続けていくこともできるかもしれません。

しかし、あなた一人で支えなければならない場合は、相当な覚悟が必要です。

あなた自身の生活プラス彼氏の生活のことまで考えなくてはならないため、相当なパワーがないと続けられません。

あなた自身のことを考えた上で、付き合いを続けていくのかをしっかりと考えていきましょう。

彼氏がうつ病になってしまった場合の考え方

彼氏がうつ病になってしまった場合、自分自身がどうしたらよいのかを考えなくてはなりません。

その場合、現実的に考えなくては共倒れしてしまう危険性もあります。

ただ、感情が入る問題はそう簡単には割り切れないこともありますね。

悩んでしまったときには、これから紹介することを考えると答えが出るかもしれませんよ。

彼氏への好きな気持ち

まずは、彼氏への好きな気持ちを考えてみると良いでしょう。

あなたは、うつ病になった彼氏を好きですか?

そこに同情の気持ちなどは入れずに、考えることが大切です。

うつ病の人を見ると、どうしても同情してしまい「なんとかしてあげたい」と考えてしまうことがあります。

もちろんその考えは優しくて、とても大切なことですが、現実が見えていないこともあるので注意が必要です。

同情などの感情を排除した上で、うつ病になった彼氏のことが好きだと思うのであれば、付き合いを続けていっても良いかもしれません。

支えられるか

うつ病の人と関わる場合は、相手が治るように支えが必要になります。

彼氏がうつ病になってしまった場合も、あなたが彼氏のことを支えられるかどうかを考えなくてはなりません。

特に、彼氏と同棲していたり、彼氏が一人暮らしをしていたりする場合、経済的にも生活面でも支えが必要になることが考えられます。

しかし、支えることによってあなたの生活が崩れてしまうようでは、難しいのではないでしょうか。

好きな人が病気になった場合は「支えてあげよう」と思いますが、うつ病は風邪などとは異なり、支える側に相当なパワーが必要です。

相当な覚悟で支える気持ちがあるのであれば、付き合いを続けても良いかもしれません。

自分も幸せか

彼氏のうつ病を支えることや、治していくことは大切ですが、あなた自身が幸せであることが何よりも大切です。

うつ病の彼氏と一緒にいて、あなた自身がツラく沈んだ気持ちになってしまうのであれば、付き合いを続けるのは難しいと思います。

「うつ病の彼氏を見捨てるなんて......」と自己嫌悪になるかもしれませんが、自分自身が幸せでない人が誰かを支えることはできません。

しかも、あなた自身が幸せでないと、共倒れになってしまう危険性もあるのです。

そうなっては彼氏を支えている場合ではありません。

そのため、あなた自身の幸せが守られない、一緒にいることで幸せにはなれないと思うのであれば、別れを選択することも間違いではありません。

うつ病の彼氏とは別れるべきか悩んだときは?

好きな気持ちが残る人と別れを選択するのは、とてもツラく悩むものですよね?

うつ病の人を見捨てるようで申し訳なさを感じる人もいるのではないでしょうか。

もし、悩んだときはこれから紹介する方法で、答えを出してみても良いかもしれません。

少し待ってみる

悩むときは、少し待ってみても良いかもしれません。

しばらく様子を見ながら付き合いを続けてみて、それから決断しても問題ありません。

うつ病の程度には人それぞれ違いがあります。

また、意外とあなた自身が上手く支えることができて、楽しく過ごせる可能性もゼロではありません。

先のことは考えてみても分かりません。

それであれば、付き合いを続けてみて、あなた自身がツラくなってくるようであれば別れを再度検討してみても良いのではないでしょうか?

うつ病になったからと言って、すぐにどうこうしなければならない訳ではありません。

彼氏自身もあなた自身もゆっくりと考えても良いと思いますよ。

人を頼る

うつ病の彼氏を支えていくことに不安がある場合は、人に頼ってみても良いのではないでしょうか?

例えば、彼氏の家族や信頼できる友人などに彼のフォローをお願いしても良いと思います。

また、あなた自身のメンタルを保つためにも、あなたの家族や友人に話を聞いてもらったり、フォローしてもらったりすることも大切です。

彼氏がうつ病だからと言って、決してあなた一人で支えなくてはならない訳ではありません。

あなたが一人で背負う必要はなく、周りの人と協力しながら支えていくことを考えても良いのではないでしょうか?

それにより、結果的にうまくやっていける可能性も十分にありますよ。

専門家の意見を聞く

うつ病になった場合、専門家に治療を受けることが多いでしょう。

その場合、あなたも専門家に意見を聞いて対処法などを聞くことができます。

うつ病患者を支える場合は、たいへんなことも多く、支える側も精神疾患を患ってしまうことは珍しいことではありません。

そのため、専門家の方は支える側の話しを聞いてくれたり、色々な対処法を教えてくれたりもします。

その専門家の方に話を聞いて、これからについて一緒に考えてもらうことで答えが出るかもしれません。

特に、感情を排除して話を聞いてくれる専門家の意見はとても貴重です。

ぜひ、参考にして「どうしていけば良いのか」を考えてみても良いでしょう。

うつ病の彼氏と別れる場合のメリットとデメリット

うつ病の彼氏と別れる、という決断はなかなか簡単にできるものではありません。

ただし、別れることによるメリットデメリットも存在し、場合によってはあなた自身は別れた方が幸せになれる可能性もあります。

ここからは、うつ病彼氏を別れた場合のメリットデメリットをご紹介していきます。

メリット

うつ病彼氏を別れた場合のメリットは『サポートが必要なくなること』と『自分の人生を生きることができることです。

別れた場合はもちろんですが、彼氏と関わることがないため支える必要がなくなります。

そのため、あなたが自分の生活や心を犠牲にする必要がないため、あなたは自分の人生を生きることができるのです。

別れてすぐは罪悪感や心配する気持ちはあるでしょうが、うつ病患者を支えるのはなかなかの体力と精神力が必要です。

特に、風邪などの病気と異なり、長期的に支えが必要なケースも少なくありません。

「自分のことだけ考えている」と思う人もいるかもしれませんが、自分の生活や心を犠牲にして人生を生きることは“良い”とは言えません。

うつ病彼氏と別れることで、あなたはあなたのことだけを考えて生きることができるのです。

デメリット

別れた場合のデメリットは『罪悪感をかんじてしまうことではないでしょうか?

うつ病彼氏と別れるとなれば「見捨てる」かのように感じて、罪悪感があると思います。

心無い人は非難してくる可能性もあり、あなたは傷つくことになるかもしれません。

特に、初めはあなた自身も罪悪感で押しつぶされそうになるかもしれません。

しかし、うつ病患者を支えるというのは生半可な覚悟ではできず、きれいごとでは生きていくことはできません。

共倒れになれば、本末転倒です。

別れを選択することで、罪悪感が襲ってきたとしても時間とともに癒えていきます。

初めはツライかもしれませんが、あの時の選択は間違いではなかったと感じる日が必ず訪れますよ。

恋人がうつ病になったら冷めるの?

恋人がうつ病になったら、冷める人もいるかもしれません。

しかし、恋人がうつ病になったから冷める、というよりも『段々と支えられなくなって冷めていく』が正しいかもしれません。

もちろん、中には恋人がうつ病になった時点で冷めてしまう人もいるかもしれません。

しかし、多くの場合は恋人を見捨てることはできず、頑張って支えていこうと一度は考えると思います。

そのため、恋人がうつ病になったからと言って、それだけで冷めてしまう人は少数派だと思われます。

しかし、うつ病が完治するには長期戦になる可能性もあったり、自身の不甲斐なさを感じることになったりすることで段々と支えることが難しくなっていくこともあります。

それにより、だんだんと冷めていってしまうことは十分に考えられるでしょう。

うつ病になったときの恋人の存在とは?

うつ病になったときの恋人の存在は、心の支えになるのではないでしょうか。

しかし、稀に「恋人はできているのに、自分がダメなんだ......」と考えてしまい、恋人の存在がツラくなってしまう可能性もあります。

恋人の存在は、うつ病患者にとって必ずしも支えになると限りません。

特に、気分が沈んでいるときには、恋人と距離をおきたくなることもあります。

そのため、恋人の存在はその人によって支えになるかどうかは異なります。

うつ病になった彼氏が別れたがる場合は?

うつ病になった彼氏が別れたがる場合は、別れても良いでしょう。

彼氏のことが好きで別れたくないと思う場合は、もちろん話し合いが必要です。

「どうして別れたいのか」をしっかりと聞くことが大切であり、別れたい理由が「あなたに申し訳ない」といった理由であれば、お互いに今の気持ちを話すことで別れずに済むかもしれません。

しかし、あなたの存在で彼氏自身がツラくなってしまうようであれば、彼氏のことを考えて別れたほうが良いかもしれませんね。

彼氏が別れたがっている場合は、うつ病関係なく話し合いをすることが大切です。

好きだけどうつ病の彼氏と別れるのはアリ?

好きだけどうつ病彼氏と別れるのは、もちろんアリです。

例えば、現実的に考えたら難しい場合や、彼氏があなたの存在でツラくなってしまう場合は好きだけど別れる選択をすることもあるでしょう。

ハッキリ言って“好き”の感情だけで、支えられる病気ではありません。

さまざまな面から考えて、好きだけど別れる結論を出すことだって大いにあります。

初めは、罪悪感に襲われたり、心配になったりするかもしれませんが、時間とともに解消されていくと思いますよ。

うつ病の彼氏と別れない時に注意するべきポイント

うつ病彼氏と別れない場合、注意しなくてはならないポイントがいくつかあります。

  • 相当な覚悟をすること
  • 彼氏を責めないこと
  • 色々なことを受け流すこと

うつ病患者を支える、というのは相当な覚悟がなければできません。

覚悟ができない場合は、別れたほうがお互い傷つかずに済むでしょう。

また、うつ病であることを責めるようなことは言ってはいけません。

うつ病患者はうつ病でできないことに対して、自分で自分を責めてしまっています。

それにも関わらず、あなたまで責めてしまうと最悪な結果になってしまう可能性もあります。

さらに、うつ病患者の精神はかなり不安定なので、時にひどい態度や言葉をぶつけられることも考えられます。

そのときに真に受けず、受け流す力を身につけなくてはなりません。

上記のようなことに注意して、付き合いを続けていくことが大切です。

しかし、どうしても無理だと思う場合は、共倒れになる前に別れることも大切ですよ。

「うつ病 彼氏 別れるべき」を検索する人がよく思う質問4選

鬱病の人は元々どんな性格ですか?

もともとまじめで優しい人が多いと言います。

まじめ故に自分自身を責めてしまい、何でもかんでも真正面から受け止めようとします。

その結果、うつ病になってしまうのです。

うつ病の人にやってはいけないことは何ですか?

相手を責めることはしてはいけません。

うつ病の人は、すでにできない自分を責めています。

また、応援することも実はNGです。

応援することでうつ病の人のプレッシャーになり、悪化させてしまう危険性があります。

うつ病が治った後、性格は変わりますか?

うつ病が治ったあと、性格が変わることはありません。

鬱々とした状況は打破できますが、おおもとの性格が変わることはなく、同じような状況になればうつ病が再発することは十分考えられます。

うつ病はなったら終わりですか?

うつ病になっても終わりではありません。

うつになっている時は、終わりのように感じるかもしれませんが、投薬やカウンセリングなどにより回復していきます。

目次

まとめ:サポートする場合は強い意志を持って!

今回は、うつ病彼氏と別れるべきかどうかを解説してきました。

うつ病彼氏と付き合いを続けていく場合は、強い意志や覚悟が必要になります。

そのため、現実的に考えて好きだけどお別れすることも十分考えられ、間違ってはいません。

また、付き合いを続けていく場合も、共倒れになる前に別れを選択することも考えなくてはなりません。

一番大切なのはあなたの幸せであり、あなたの幸せがあって初めて相手を支えることができるのです。

どのような決断をしたとしても、決して忘れてはいけませんよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次