\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

05031551046はメルカリの支払督促!?連絡を無視するとブラックリストになるって本当?

050-3155-1046

この電話番号、ご存知ですか?

ほとんどの方が「何の電話番号だろう?」と首を傾げる事でしょう。

この電話番号は、一般的な事務の電話ではありません。

少し怖い電話です・・・

今回は、この「050-3155-1046」の電話番号について解説していきます。

05031551046はメルカリからの支払督促の電話!

メルカリという名前を耳にした事がありますか?

言わずと知れたフリーマーケットの最大手の一つのメルカリ。

050-3155-1046はメルカリからの電話番号なのです。

フリーマーケットとして国内トップクラスのメルカリですが、フリーマーケットの運営だけをしているわけではありません。

みなさんはメルカリカードを御存知でしょうか。

メルカリは、キャッシングサービスの分野でも幅広く活動しています。

メルカリカードを作らなくてもメルペイスマート払いという後払いサービスもあるのです。

こういったサービスは時間差をおいて、翌月にまとめてメルカリへお支払いを済ませるといった形式がとられています。

もし、その翌月に支払わなければならない金額を用意できていないとどうなると思いますか?

支払期限内に払えない場合、翌日にアプリ内で督促のお知らせが届く事になります。

そこには支払期限が過ぎてますというアナウンスがしっかりと表示されているのです。

アプリ内のアナウンスだけではなく、メルカリから電話がかかってくることになります。

050-3155-1046は、メルペイスマート払いの滞納に対しての督促の電話なのです。

もし、メルペイスマート払いの支払期限日に、支払い口座の残高が足りなかった場合には、050-3155-1046からの電話は無視しないようにしてください。

落ち着いて050-3155-1046に出てみれば、自動音声による未払いのアナウンスが流れてくることになります。

メルカリのから支払督促の連絡を無視するとブラックリストになる?

メルペイの利用が制限される

この電話の督促だけで終わることはありません。

支払いを延滞する事により、メルペイの機能が制限される事になってしまうのです。

まずは、メルカリ内で売り上げ金としてプールしておいたポイントから不足分が清算にあてられます

それても足りない分は、それ以降に売れて得た利益から代金の支払いに充当されていくのです。

支払いが完了するまでは、メルカリから売り上げを引き出す事ができなくなるということになります。

売り上げを引き出す事が制限されるだけでなく、メルカリでの購入もできなくなってしまうのです。

更に、メルペイスマート払いが利用できなくなります。

メルペイの機能だけでなく、メルカリ自体の機能まで制限されてしまいますので、できるだけ早く返済するようにしたいですね。

自宅に督促状が届く

61日以上、もしくは3ヵ月以上の滞納でブラックリストに登録されてしまいます。

ブラックリストに入った状態ですとクレジットカードが作れなくなってしまうだけでなく、今使っているクレジットカードが使えなくなってしまう可能性もあるのです。

他にもブラックリストに登録されていると携帯電話の契約が新規でできなくなったり、ローンが組めなくなったりしてしまいます。

自宅に督促状がくるようになるのもこの頃です。

弁護士法人に債権回収が委託される

それと同時に61日以上、もしくは3ヵ月以上の滞納で、債権の回収業務がメルペイが委託している弁護士法人に移ります

そうなると取立てや督促が本格化してメールや電話や郵便物などによる連絡が多くなり、滞納をして取立てや督促されている方はかなりの不安とストレスを感じることになるでしょう。

61日以上、もしくは3ヵ月以上となっているのは借入金の金額と延滞した時の対応でどちらかにわかれるためです。

裁判を起こされる場合も

そして、滞納が半年を過ぎると信用情報に滞納履歴が記載されるだけでなく少額の裁判を起こされる事もあります

裁判になる場合は、自宅にまず訴状が届くのです。

訴状は特別速達便で送られ、郵便職員は対面で裁判所からの通知だとはっきりと伝えてきます。

家族に滞納している事を知られてしまうわけです。

裁判による判決で支払い義務が確定すれば、未清算分を支払うだけでは済まなくなってしまいます。

裁判費用、そして年率14.6%の遅延損害金を滞納している額に加算されて請求されることもあり、ますます返済することが困難になっていくのです。

払えなかった場合は、裁判所から職場へ差し押さえ命令が送られて給料を差し押さえられてしまいます。

勤務先にもばれてしまうということです。

財産の差し押さえや強制執行も行われることになります。

05031551046は間違い電話?心当たりがないときの対処法

メルカリ、メルペイを利用したことが無ければ間違い電話かも

このメルカリの「050-3155-1046」から電話がかかってきたけれども、そもそもメルカリを使ったことも無ければアプリを入れた事も無い。

そういった場合は間違い電話の可能性が高いといえます。

こんな重要な電話をかけ間違いするとは何事だ!!

と、お怒りになる気持ちもわかりますが、これには事情があります。

こういった間違い電話がかかってきた方の多くが、最近スマホや携帯の電話番号を変えたばかりの方です。

解約されて無効になった電話番号が、一定の期間を過ぎると再び使用できるようになります。

現在の電話番号の多くは、使い回しされているのです。

電話番号を前に使っていた人が、メルカリの情報を更新していないと思われます。

メルカリの事務上では、電話番号の持ち主が滞納していると誤認してしまうのです。

電話に心当たりがない旨を伝える

電話に心当たりが無い場合は、050-3155-1046からかかってきた時に「間違いじゃありませんか?」と応対したい所ですが、残念ながら自動音声ですのでできません。

もし、050-3155-1046にでてみてオペレーターと直接話すことができた時には心当たりが無い旨をしっかりと主張するようにして下さい。

オペレーターに繋がらない場合は、下記の公式サイトから問い合わせが必要です。

メルカリ公式サイトに問い合わせてみる

心当たりが無いと主張したくとも「050-3155-1046」だけでなく電話での問い合わせ窓口もありませんので、対応は公式サイトから行う事になります。

アプリを入れなくてもメールでの返信も可能です。

やり方は、公式サイト下部にある「ヘルプ&ガイド」をタップします。

次に「お問い合わせ」そして「お問い合わせを項目を選ぶ」をタップしてください。

項目の「購入・支払いについて」か「その他」から問い合わせ内容を記して送信することになります。

記入するのは名前とメールアドレスと電話番号、そして問い合わせ内容です。

それでも着信が続くようであれば消費生活センターへ

ここまで対応したにも関わらず、電話が止まらない時は消費生活センターに相談してみて下さい。

消費生活センターは、消費者の苦情や相談のための地方公共団体が設置した行政機関です。

消費生活センターの電話番号は188でつながります。

通話料はかかりますが相談は無料です。

滞納をしてしまった時は

05031551046
05031551046

050-3155-1046からの電話が間違い電話ならば、メルカリや消費生活センターへの対応で解決できます。

問題なのは現実に支払い期日に間に合わなかった場合です。

ということで、最後に滞納を実際にしてしまった時の対応の仕方を紹介したいと思います。

返済できる現金を持っている場合

ATMやコンビニエンスストアからすぐに支払うことが可能です。

支払手順

  • メルペイアプリの「メルペイスマート払い」「支払い方法」「コンビニ/ATM払い」を選択します。
  • 支払いをするコンビニエンスストアチェーンを選択して「お客様番号を発行する」をタップしてください。
  • 次に支払い画面に表示されている「支払い手続きをする」をタップします。

選択したコンビニで現金を支払って完了です。

現金が手元に無い場合

今すぐに支払える現金が無い場合でも、次の給料日なら支払えるといったことはあるかと思います。

そういう時は自動引き落とし日を変更するなどの早めの対応をお奨めします。

自動引き落とし日の変更は滞納した後ではできませんので、できるだけ早いうちに対応するようにしてください。

手続きはマイページからできます。

自動引き落とし日変更の設定手順

  • 「支払い方法を選択する」のボタンを押します。
  • 支払い方法の設定画面から「自動引き落とし設定へ進む」を選びます。
  • 自動引き落とし設定画面で引き落とし日の設定が可能です。

支払いたいものの、どうしてもお金が工面できない時は、問い合わせからメルカリ事務局に連絡して確実に支払いができる日にちを伝えてください。

支払う意思があるという意思表示はとても重要です。

支払うつもりはあるという意思表示をせずにいると、支払いの意思が無いとみなされる場合もあるのです。

では支払う意思が無い場合、例えば差し押さえや強制執行をされても財産が無いから困らないと思われている方もいらっしゃることでしょう。

ですが、給料を差し押さえられた場合は支払いが完了するまで無収入ですから、生活をするうえで困らないということはあり得ません。

しかも元々の支払額に延滞期間分の遅延損害金や裁判費や弁護士費用が加算された分を一括で支払う義務を負います。

支払わずに逃れられることはできません。

少しでも早く支払う事こそ、きちんと生活を維持できうるコツと言えるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

メルカリやメルペイからの督促電話について、対処法や注意点について解説しました。

不正利用や督促という窮地に遭わないためにも、セキュリティ意識を高め、お金の管理はきちんと行うことが重要です。

もしも、身に覚えのない購入や決済に対して問い合わせがあった場合は、冷静に対処しましょう。

そして、最後にお伝えしたいのは、万が一不正利用や督促を受ける立場に遭った場合には、迅速な対処が必要であることです。

適切な手続きを踏み、できる限り早く解決できるよう、対処法をしっかりと把握しておきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次