\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

アロマジュエルの組み合わせ人気5選と上手な使い方!

レノアハピネス「アロマジュエル」は、洗剤でも柔軟剤でもない、香り付けのできる洗剤として、CMや雑誌などで話題になっていますよね。

柔軟剤と比べて超吸水、香りが長続きするなど嬉しいポイントがたくさんありますが、このアロマジュエル、正しい使い方を皆さん知っていますでしょうか?

使ってみたいけど、使い方がいまいちわからない…

洗剤の香りと混ざって変な香りになったらどうしよう…

と不安に思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

正しい使い方で使用しないと、効果が半減してしまったり、洗い残しの原因となる可能性もあるので、注意が必要です。

本記事では、アロマジュエルの正しい使い方やオススメの組み合わせなどを紹介しています。

アロマジュエルをまだ使ったことがないけど気になっている、という方はもちろん、使用中の方も是非こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

アロマジュエルとは?

アロマジュエルとは、衣類を香らせることに特化した香りづけ専用ビーズです。
いつもの洗濯にプラスして使うことで、簡単に衣類にいい香りをつけることができる優れものです。

アロマジュエルって柔軟剤なの?洗剤なの?

アロマジュエルは、柔軟剤でも洗剤でもない、「香り付け専用ビーズ」です。
アロマジュエルは柔軟剤ではないため、洗濯物をふんわりと柔らかくしたり、また花粉や静電気を防いだりする効果はありません。

しかしながら、アロマジュエルを使えば、いい香りを衣類につけることが可能です。
通常の洗剤ではいい香りをつけることは難しいので、こちらは嬉しいポイントですね。

また、アロマジュエルは柔軟剤に比べて吸水力が高いこともポイントです。
洗っても吸水力が落ちないのはありがたいですね。

アロマジュエルの香りは4種類

アロマジュエルの香りは、5種類あります。
お好みの香りを選ぶことも、気分によって香りを使い分けることも可能です。

アンティークローズ&フローラル

引用:https://www.amazon.co.jp/

甘いピーチの香りに、アプリコットやカシスの温かいトロピカルな要素がブレンドされており、洗練された香りが印象的です。
ローズやフローラル系の香りがお好みの方にオススメの組み合わせです。

パステルフローラル&ブロッサム

引用:https://www.amazon.co.jp/

シトラスの爽やかな香りが特徴的。アップルブロッサム×シトラスがとてもクリアでかつ上品な印象です。

夏にもいいくどくない感じで、男性や子供にも嫌がられない香り。男女共に使える香りがありがたいですね。

強い香りが苦手だったり、家族で使用する方にオススメです。

ホワイトティー

引用:https://www.amazon.co.jp/

お風呂上がりのような、柔らかに香る石鹸の匂いが特徴的です。
男女問わずお使いいただける万能な香りなので、香水や強い香りが苦手、という方も挑戦しやすい香りです。

おひさまフローラル

引用:https://www.amazon.co.jp/

部屋干ししても、まるでお日さまとお花畑の元で干したかのような、甘くも爽やかな香り。

フローラルとありますが、きつくないローズ系の香りの様。爽やかさよりもローズの香りが全面に出ています。甘さ控えめなローズ系なので、甘めのフラワー系が苦手な方も挑戦できる香りです。


気になる香りは見つかりましたでしょうか。
是非、店頭でも試してお気に入りの香りを見つけてみてくださいね。

アロマジュエルの香りはなんと12週間も長続き

アロマジュエルの香りは何時間ぐらい持続するか、皆さんご存知でしょうか。

アロマジュエルの香りは、なんと12週間も続くと言われています。
お気に入りの衣類の香りが、6回着ても新鮮な香りが楽しめるとされています。
こんなに香りが長く続く理由は一体なぜでしょうか?

理由は、通常のレノアの柔軟剤と比べて、約3倍の香り持続成分が配合されているからです。
洗濯後にはいい香りでも、干したらすぐ匂いがなくなってしまった、保管しているうちに匂いが取れてしまった、という経験、皆さんも一度はあるかと思います。

アロマジュエルは、洗濯機から取り出した瞬間から衣類を着ている間はもちろん、保管している間も香りが持続するのは嬉しいポイントですね!

アロマジュエルの上手な使い方!

では、アロマジュエルの効果を最大限に発揮するための、上手な使い方について解説をしていきます。

正しく使わないと、アロマジュエルの効果を実感できなかったり、効果が半減してしまいますので、お伝えするポイントをしっかり意識してくださいね。

洗濯前にそのまま洗濯機に入れるだけ

アロマジュエルを使う上で大切なポイントは、「洗濯前にそのまま洗濯機に入れる」ことです!
洗濯機には、洗剤や柔軟剤の投入口がありますよね。
アロマジュエルは投入口には入れずに、洗濯前に洗濯槽に直接入れてください。

洗剤投入口に入れない

洗濯機にある洗剤投入口に入れてしまうと、アロマジュエルの効果を感じられないだけでなく、洗濯機のトラブルを引き起こす原因となるので注意が必要です。

アロマジュエルを洗剤投入口に入れてしまうと、洗い残しの原因となるだけでなく、給水経路に水が詰まってしまい、洗濯機から水が溢れてしまう可能性もあります。
ですので、アロマジュエルは洗剤投入口には入れず、直接洗濯槽に入れてくださいね。

また、アロマジュエルを入れてから、普段お使いの洗剤や柔軟剤などを入れるのが正しい順番です。
正しい順番で投入することで、アロマジュエルの効果を実感できます。

先に洗剤を入れてしまっていた!という方や、アロマジュエルを洗剤投入口に入れてしまっていた、という方は、この機会に正しい使用方法でアロマジュエルを使用してくださいね。

おしゃれ着やドライコースの場合は溶かしてから入れる

お気に入りのお洋服を洗濯する際に、おしゃれ着やドライコースでアロマジュエルを使いたい!という方もいらっしゃるかと思います。

おしゃれ着やドライコースで洗濯をする際は、あらかじめアロマジュエルを溶かして液状にしてから入れるようにしてくださいね。

アロマジュエルを溶かしてから入れることで、すすぎ残しを防ぐことができます。
溶かさないまま使ってしまうと、すすぎ残しの原因ともなりますので注意が必要です。

洗濯物の量は洗濯槽の7~8分目までにする

アロマジュエルを正しく利用するためには、洗濯物の量を守ることも大切です。
洗濯機にパンパンに洗濯物を投入している、という方もいらっしゃるかと思います。

ですが、洗濯機にパンパンに洗濯物を入れてしまうと、洗い残しやすすぎ残しなどの原因にもなってしまいます。
洗濯物の量は洗濯槽の7〜8分目にするよう意識してくださいね。

アロマジュエルの正しい使い方を守ることで、アロマジュエルの溶け残りを防いだり、洗濯物の汚れ落ちが良くなったりと、アロマジュエルの効果を発揮することができます。

これまで間違った方法で使用していた!という方は、是非本記事でお伝えしたポイントを意識してくださいね。

アロマジュエルを使うときは柔軟剤なしでいいの?

香りが長く続くアロマジュエルですが、柔軟剤を使用しなくても問題ないのか、お伝えしたいと思います。

結論からお伝えしますと、アロマジュエルは柔軟剤ではないため、柔軟剤を使用したときのようなふわふわ感や、静電気や花粉をカットするといった効果は期待できません。

これらの効果も欲しい、という方は柔軟剤を使用することをオススメします。

アロマジュエルと人気の組み合わせは、記事の下で紹介しておりますので気になる方はそちらも参考にしてみてくださいね!

アロマジュエルと柔軟剤の人気の組み合わせ5選

アロマジュエルは、柔軟剤のような衣類のふわふわ感を出したりする効果は残念ながらありません。
ですので、アロマジュエルと柔軟剤を組み合わせて使いたい!という方も多くいらっしゃるかと思います。
以下に、人気の組み合わせを紹介していきますね。

エメラルドブリーズ×フルーティー&パラダイス

まず、一つ目の組み合わせは、エメラルドブリーズ×フルーティー&パラダイスです。
エメラルドブリーズの香りは、海を感じる爽やかでフレッシュなグリーンオーシャンの香りが特徴です。
こちらにフルーティー&パラダイスの柔軟剤を組み合わせることで、フルーツ系のリッチな香りが楽しめます。
南国を彷彿とさせるような、甘い香りがお好きな方にオススメです。

エメラルドブリーズ×ラグジュアリー&ピンクフローラル

二つ目の組み合わせは、エメラルドブリーズ×ラグジュアリー&ピンクフローラルです。
海を感じる爽やかでフレッシュなグリーンオーシャンの香りと贅沢なフローラルの香りの組み合わせもオススメです。
リッチな香りがお好きな方は是非この組み合わせに挑戦してみてくださいね!
甘い匂いや香水のような強い香りが苦手、という方や男性にもおすすめの組み合わせです。

ルビーフローラル×ラグジュアリー&ピンクフローラル

三つ目の組み合わせは、ルビーフローラル×ラグジュアリー&ピンクフローラルです。
華やかでリッチな香りが特徴のルビーフローラルと、明るい印象を与える贅沢なピンクフローラルの組み合わせは、芳醇なアロマや花の香りが好きな女性にはピッタリの組み合わせです。
甘すぎず、お花特有の芳醇さを感じられる組み合わせなので、エレガントな雰囲気の女性にはピッタリの香りです。

ルビーフローラル×ダークローズ&チェリー

四つ目の組み合わせは、ルビーフローラル×ダークローズ&チェリーです。
華やかでリッチな香りが特徴のルビーフローラルと、どこか大人っぽい落ち着いた香りのダークローズ&チェリーを組み合わせることで、年齢を問わずお使いいただける香りに仕上がります。
フローラルな香りが好きだけど、爽やかさも欲しい、という方にはオススメの組み合わせです。

アメジストバニラ×リッチベリー&ジャスミン

五つ目の組み合わせは、アメジストバニラ×リッチベリー&ジャスミンです。
甘く上品な香りが特徴のアロマジュエルには、濃厚なベリーとジャスミンの香りの柔軟剤がオススメです。
ベリーとジャスミンの香りは、自然で柔らかいので違和感なく使うことができます。
濃厚でありながら、柔らかな香りが楽しめるので、女性の方には是非オススメしたい組み合わせです。

アロマジュエルを部屋に置くアイデアも

アロマジュエルの使い方は、洗濯だけではありません!
実は、お部屋に置いてルームフレグランスとして楽しむアイデアもあります。

カップなど小さめの容器に入れて、部屋の隅に置いておくだけで、部屋がいい香りに包まれます。

市販のルームフレグランスや芳香剤でお気に入りの香りが見つからない!という方は、お気に入りのアロマジュエルを芳香剤やルームフレグランスとして活用するのも賢いですね。

部屋が一気にいい香りに包まれ、帰宅するのが楽しみになりそうです。

まとめ

本記事では、洗濯物に香りづけができるアロマジュエルの使い方について紹介しました。

アロマジュエルの正しい使い方や、使用する際の注意点をお伝えしましたが、間違った使い方をしていた、、という方も多くいらっしゃったのではないでしょうか。

間違った使い方をしてしまうと、洗い残しやすすぎ残しなどトラブルの原因となってしまい、アロマジュエルの効果が実感しにくくなってしまいます。

せっかくのアロマジュエル、正しく使っていい香りの持続を楽しんでいただければ幸いです。

ぜひ一緒に紹介したオススメの柔軟剤との組み合わせを参考に、自分の好きな匂いの組み合わせを見つけてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次