\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

眉毛の整え方を徹底解説!初めての人や高校生でも失敗しないコツや簡単な方法とは?

顔の印象を大きく左右する眉毛。

眉毛を整えただけで、印象がガラッと変わりイメージチェンジできます。

みなさんはどのように整えていますか?

自分の眉毛をみて、「あの女優さんみたいな形に整えたいな…」「あの人の眉、かっこいいな…」と思ってお手入れを始める人も多いでしょう。

でも整え方がわからず、困っているという人もいますよね。

今回は、眉毛を整えることが初めての方や高校生でも失敗しない整え方のコツと簡単な方法について、徹底解説します!

眉毛はいつから整える?

オシャレをしたくなる年齢になると、洋服を選んだりメイクをしたり、気になる所がいろいろと出てきますよね。

眉毛のお手入れは、オシャレの一部と思っている人も多いはずです。

「整えた方がいいのかな?」と思いながらも、初めての人はどうやったらいいのかわからないという人もいれば、雑誌やYouTubeを見て綺麗に整え、常にお手入れしているという人もいます。

では、眉毛はいつから整えているのでしょうか?

男子高校生に聞いた!眉毛は整えている?

個人差はありますが、男子高校生の半数以上が眉毛を整えているようです。

毛が濃くなりはじめ、「友達もやっていたから」「かっこいいアイドルみたいになりたくて」など、理由は様々ですが、以前より美容や身だしなみに興味を持つ男子も多くなりました。

スキンケアと同様に高校生になると、男女問わず気を遣うようになってきます。

女子高校生に聞いた!眉毛は整えている?

女子高校生は、ほとんどの人が眉毛を整えているようです。

小さい頃からメークにも興味を持つ女の子も多く、鏡を見る機会が多いせいか、小学校高学年あたりから、眉毛の形が気になり出す子も増えてきます。

高校生になると、眉毛を整えるためのグッズなども自分で購入できるため、ケアする子も増えるのでしょう。

眉毛はいつから整えるのがベスト?

眉毛を整える年齢は人によって異なりますが、10代後半あたりから、眉毛の形を変える人が増えてきます。

興味があり、中学生の頃から整えている人もいますが、学校によっては校則が厳しく整え方によっては注意を受けることもあるため、本格的に変化がみられるのは10代後半が多い傾向にあります。

眉毛の形を整えるのは、自分自身のタイミングで気に入った形に整えることがいいでしょう。

ただ、整える際に使用する道具によっては、肌を痛めてしまう場合もありますので、傷つけないように慎重にお手入れをしましょう。

【眉毛の整え方】初めてや高校生でも失敗しないコツは?

①理想の眉毛をリサーチ

眉など顔のパーツを決めるときは、まずは理想の眉毛をリサーチする必要があります。

どんな眉毛の形にしたいのか、自分の顔にその理想の形が合うのか、バランスなども考慮しながらリサーチしてみましょう。

例えば、丸顔の場合はアーチ型の眉毛、面長の場合は直線型の眉毛が似合うと言われています。

黄金比率を参考に、自分の顔と見比べながら似合う眉毛の形を見つけてみましょう。

眉毛の形を整える方法や、眉毛を描く際のコツ、輪郭別の眉毛の描き方などについては、美容情報サイトやメイクアップアーティストのYouTubeなどで詳しく紹介されているので、見ながら研究してみるのもいいですね。

②眉頭・眉山・眉尻の理想の位置にアイブロウで印をつける

顔のパーツのバランスを整える時に使うのが「ゴールデンバランス理論」

この理論では、顔のパーツのバランスは、黄金比率に基づいて決まると言われています。

眉毛を整える場合は、眉頭の位置、眉尻の位置、眉山の位置、眉頭と眉尻の高さ、眉の下側の角度などが重要で、特に眉頭・眉山・眉尻の位置にアイブロウで印をつけます。

目や口など自分のパーツとのバランスも見ながら、やってみましょう。

③印に沿って仕上がりになる枠を描く

印に沿って枠となる線を描いていきます。

眉頭・眉山・眉尻につけた印を繋ぐように書いていきます。

目安となる線なので、あまり濃く描き過ぎないように気を付けましょう。

枠を描き終わったときに、全体のバランスをきちんとみて、この時点で理想の形になるよう修正していきましょう。

④枠に沿って不要な眉毛を剃る

枠からはみ出ている、不要な眉毛を剃ります。

指でしっかり皮膚を張りながら、優しく剃っていきましょう。

張りが弱いと、カミソリで皮膚を傷めたり、切ってしまう事もあるので気を付けましょう。

こめかみ側には、細かい産毛が多く生えている場所で、産毛を剃るだけで肌が明るく見えます。

剃るときは、力を入れ過ぎて肌を傷めたり、枠以外の所まで剃ってしまい、理想のデザインが崩れてしまう可能性もあるので、丁寧に慎重に行いましょう。

⑤長い毛をカットする

不要な部分を剃ったら、今度は長さを調整しましょう。

写真のようなアイブロウ用のコームを使いながらカットすると上手にカットすることができます。

一気に切らずに、少しづつコームからはみ出した部分をカットしていきましょう。

1本1本の毛が長いという人や、全体的に眉毛を変えるのが嫌という人は、このカットする作業だけでも違った印象になりますよ!

眉毛を綺麗な仕上がりにする簡単な方法はある?

眉毛を綺麗に整えるために、なかなか苦労している人が多いようです。

整える下準備として、アイブロウマスカラなどを使用している場合は、しっかり落として乾燥させ、眉毛はブラッシングをして毛の流れを整えておきましょう。

この下準備を怠ると、理想の長さに切ったつもりが、「短くなり過ぎた!!」「あ!曲がってた!!」などと失敗の原因にもなってしまいます。

ポイントをおさえておけば、簡単に整えられるようになりますよ!

眉毛を綺麗に整えるための簡単な方法

眉毛の形:自分に似合う眉毛はどんな形か、どのような形にしたいのかをしっかりサーチして理想の形を決めておきましょう。
眉毛の描き方:ゴールデンバランス理論を参考にしながら、一気に濃く描かず、少しづつバランスを見ながら丁寧に描きましょう。
眉毛のカット:眉毛カット用のハサミを使って不要な部分をカットしましょう。カットしすぎないように気を付けましょう。

眉毛 整え方 初めて 高校生を調べている人がよく思う質問

高校生になったら眉毛を整えるべき?

眉毛を整える時期に決まりはありません。高校生になるとオシャレをしたいという気持ちがますます強くなり、見た目を気にするようになるため、自分が整えたいと感じたときにやってみるのが一番です。

高校生のうち眉毛を整える割合は?

個人差がありますが、男子は半分以上、女子は高校生になるとほとんどの人が、眉毛を整え始めています。みんながやっているからと言って、焦る必要はありません。自分が必要だと思ったら始めてみましょう。

眉毛を整えるには何が必要ですか?

アイブロウペンシル、カット用ハサミ、ブラシ付きコーム、カミソリ(シェーバー)、毛抜きなどで整えることができます。道具は眉毛用として売られているものが多く、専用のものを使った方が、使いやすく整え始めたばかりの人でも使いやすい形状になっています。

眉毛を整える 何歳から?

年齢は決まっておらず、中には整えずナチュラルが好きという方もいます。しかし、多くの人は10代後半から見た目(身だしなみ)が気になり始め、眉毛を整える人が増えます。

まとめ

眉毛は見た目の印象を大きく変えるパーツのひとつですよね。

「あの女優さんみたいな眉毛にしたい!」「K-POPアイドルみたいなカッコいい眉毛にしたいな!」など、憧れの人のまねをしたくなったり、友人や好きな人と過ごしながら、オシャレに目覚め、身だしなみを整え始める人も多いようでが、眉毛を整えるためには、まずどのような眉毛にしたいのかを決めることから始めましょう!

理想の眉毛が決まっても、初めはなかなか思うように整えられず、失敗してしまったという事もあるでしょう。

しかし、今ではYouTubeや雑誌などでも、眉毛の整え方がたくさんアップされ、セルフカットが挑戦しやすくなりました。

整え方に困ったときは、ぜひこの記事を参考にしながら、焦らずゆっくりチャレンジしてみてください!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次