\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

髪をサラサラにする方法~中学生女子向け~くせ毛オイルや0円で朝の簡単お手入れ法も!

ツヤのあるサラサラの髪を見ると、「あ~私もあんな風にサラサラだったらな…」とうらやましく思うこともはありませんか?

ヘアケアに気を使っていても、自分が目指すサラサラの髪にならず悩んでいるという人も多いようです。

美容院に行き、トリートメントをする以外に、髪をサラサラにする方法はないのでしょうか。

今回は、美容やオシャレに気を使い始める中学生向けの、くせ毛オイルや0円で朝のお手入れが簡単にできる方法を解説します!

髪をサラサラにする方法~中学生向け~

髪をサラサラにする方法は、SNSや雑誌などでもたくさん紹介されていますが、中学生向けにはどんなケアがおすすめなのでしょうか。

オイルがおすすめ

使用するオイルの成分や種類によっても、効果は変わってきますが、オイルを使用することで、髪の毛1本1本をコーティングして水分の蒸発を防ぎ、紫外線やドライヤーの熱から髪を保護してくれます。

乾燥を防いでくれるので、ツヤのあるサラサラの髪にしてくれます。

つけすぎには、要注意!!

オイルは保湿効果が高い

オイルは、髪の毛に膜を作って水分の蒸発を防いでくれるので、保湿効果がとても高くなります。

しかし、つけすぎると重くベタベタになるので、サラサラをキープしたいときは、天然由来の成分でできた軽めのオイルを毛先から初めは少なめにつけるようにしてください。

そこから、少しづつ自分の好みの量を見つけてください。

髪の毛を油膜でコーティングしてなめらかになる

軽めのオイルを使って、適量を手に取って毛先から馴染ませていきます。ヘアブラシで優しく髪を整えると、オイルの油膜が髪全体に広がって、髪の表面がコーティングされて滑らかになります。

ダメージを修復しつつ予防する

髪をサラサラに保つためには、普段のお手入れがとても大事です。

髪が傷んでいる場合や、乾燥が気になる場合は、保湿効果の高いシャンプーやコンディショナーを使用したり、定期的にヘアマスクを使う事もダメージの修復に効果的です。

修復しつつ、予防をしなければ、また髪はダメージを受けてしまいます。

ドライヤーをするときは高温の風を長時間あてない、タオルドライやブラッシングによる強い摩擦も避けましょう。

つや感のある仕上がりになる

つや感のある仕上がりにするためには、洗髪時に汚れを残さない事。

だからといって、ごしごし強く洗ったりするのではなく、優しく頭皮の汚れを落とし、しっかり洗い流す必要があります。

洗髪後は髪の表面を傷つけないよう、優しく水分を取り、低温でドライヤーをあて乾かしましょう。

乾かす際に、軽めのオイルなどを付けて上から下へ優しく乾かすとキューティクルが整い、つや感のある仕上がりになります。

髪を0円でサラサラにする方法はある?!

美容院に行き、トリートメントなどのケアを定期的に行ったり、髪にいい成分が配合されたシャンプーやヘアオイルを使ってケアをすれば、サラサラの髪を保つことは可能ですが、ある程度のお金はかかってしまいます。

お金がかかるとなると、中学生が髪をサラサラにしたい場合、なかなか思うようにはケアできず困ってしまいますよね。

何とか、0円で髪をサラサラにする方法はないのでしょうか。

シャンプーで地肌を優しく洗う

まずは、普段のシャンプーから見直しましょう!

シャンプーするときは、髪を洗うというより指の腹で地肌をマッサージするように、優しく洗いましょう。

地肌をマッサージすることで血行を促進し頭皮の汚れを浮かせます。

シャンプーをしっかり洗い流し、地肌や髪に残留物が残らないように気を付けましょう。

洗い残しは髪や頭皮にダメージを与えるので気を付けましょう!

すぐに乾かし濡れたままにしない

洗髪後はタオルで水分を取り除き、濡れたまま放置せずすぐに乾かしましょう。

濡れたままの髪は、傷みやすい状態にあり、特に摩擦によるダメージが高まり、切れ毛や枝毛の原因になります。

洗髪後はできるだけ早く乾かしましょう。

タオルドライでドライヤー時間を短縮

ドライヤーの時間が長すぎると、熱によるダメージが高まり水分が蒸発しすぎて、乾燥してしまいます。

先にタオルドライで余分な水分を取ってから、ドライヤーをかけると、時間短縮にもなり髪に与えるダメージも少なくなります。

規則正しい生活や紫外線対策も大切

肌だけではなく、髪にとっても紫外線はとっても大敵。

紫外線に長時間あたると、髪の水分が奪われるためパサパサになってしまいます。

長時間、紫外線にあたるときや日差しが強い日は、帽子や日傘などを使用したり、ヘア用の日焼け止めスプレーなどを使用しながら対策をしていきましょう。

その他に、ストレスがたまると髪の成長を妨げてしまうので、しっかり睡眠を取ったり、バランスのよう食事を心がけ、規則正しい生活をして髪にも栄養が行き渡るようにしましょう。

髪をサラサラにする方法~くせ毛はどうしたらいい?~

髪をサラサラにしたいと思う方に、強敵なのがくせ毛。

くせ毛は一体どうしたら、サラサラの髪に近づくことができるのでしょうか。

シャワーの温度は38℃前後がいい

髪にとって高温のシャワーは、髪や頭皮から自然な油分を奪い、刺激や乾燥などのトラブルを引き起こし、広がりやすいクセをさらに広げてしまいます。

冬場は、少々寒いと感じることもあるかと思いますが、38℃前後の温水が、髪や頭皮にとっては良い温度とされています。

38℃前後の温水は、髪の水分を保持しやすく、頭皮の自然なバリアを残し乾燥を防いでくれます。

しっかりとシャンプーを落としてトリートメント

シャンプー剤が頭皮や髪に残っていると、カサつきやベタつきの原因にもなり、トリートメントの浸透の妨げにもなります。

38℃前後のお湯で、しっかりと丁寧に洗い流しましょう。

ヘアケア機能が搭載されたドライヤーをつかう

なかなか手ごわいくせ毛には、ヘアケア機能が搭載されたドライヤーを使うことをおすすめします。

安いものから、高いものまで、たくさんの商品があるので、自分に合った機能や予算に合わせて選びましょう。

マイナスイオン機能

くせ毛の方は、乾燥しやすいため、水分保持に効果があるマイナスイオンが出るドライヤーを使用すると、髪に潤いを与え、サラサラ感をキープします。

イオン機能

イオン機能は、髪の静電気を抑えて、髪表面を滑らかにしてくれます。

ヘアケア付属品

専用のヘアブラシやコームなどの付属品が付いていて、くせ毛を整えながらドライヤーを使う事ができ、ヘアセットが苦手な方でも簡単にサラサラ感を向上させることができます。

温風と冷風を交互に使い分ける

温風と冷風を交互に使うことで、熱風が髪を傷めるリスクを減らし、髪にかかる負担を軽減します。

冷風が、キューティクルを引き締め髪のツヤを保つため、くせ毛でも艶やかな髪を維持します。

気になる部分はヘアアイロンをかける

ご紹介したヘアケアを試しても、くせの強い部分がまだ気になるという方は、ヘアアイロンで伸ばすのが効果的です。

しかし、温度を上げ過ぎると乾燥し、髪へのダメージが大きいため、低い温度で試してみてください。

それでも伸びないときは、少し温度を上げて、短時間で済ませるようにしましょう。

アイロンをかけた後は、洗い流さないタイプのトリートメントやオイルで保護すると、髪をサラサラに見せることができるでしょう。

ストレートパーマや縮毛矯正で直毛に

クセが強く、毎日アイロンをかけているという方は、髪にかなりの負担がかかっています。

ストレートパーマや縮毛矯正も、ダメージがないわけではありませんが、一度かけるとサラサラした質感と効果はしばらく継続します。

ストレートパーマや縮毛矯正をしたからといって、ヘアケアを怠っては意味がありません。

サラサラを継続させるためには、自然な方法のヘアケアも継続して行うようにしましょう。

髪の毛トゥルントゥルンだと女子力もアップ

あ~♡あんな風にサラサラになりたいわ♡毎日ケアするなんてさすがだわ~✨

綺麗だな~♡なんて女性らしいんだろ✨

髪がサラサラで乾燥もなくトゥルントゥルンだと、お手入れにしっかり時間をかけ自分磨きをしているというイメージができ、女子力が高いという印象を与えます。

髪の毛で悩んでいる中学生は多い

髪の悩みを抱える中学生はたくさんいます。

悩みはあっても、お手入れが面倒という方もいるでしょう。

お手入れをして髪がサラサラになり、悩みが解消されれば気持ちも明るくなり、ますます綺麗になりたいと女子力が上がっていく可能性もあります。

髪の毛の悩みはさまざまな要因があり、くせ毛でパサパサとうねりが気になる、ストレスや頭皮のトラブルで薄くなったりハリがなくなったり…

思春期という事もあり、人との違いがとても気になる時期でもあり、悩みを抱えやすいという状況です。

髪の悩みは、体と心の健康も大きく影響がするため、適切なヘアケアとバランスのとれた食事、そしてストレスを抱え込まないようにしましょう。

正しいヘアケアで朝の手入れも簡単に

乾燥やダメージで髪がパサパサだったり、シャンプー後のお手入れを疎かにしたために、朝の手入れにとても時間がかかったという経験はありませんか?

朝のお手入れを簡単に済ませたいなら、正しいお手入れをしてから寝るようにしましょう。

自分に合ったシャンプー&コンディショナーを使用し、頭皮をマッサージするように洗うことで、汚れを優しくしっかり落としながら血行促進を行い、頭皮の健康を維持します。

乾かす時も、タオルでゴシゴシしたりドライヤーで高温をあて、髪の毛を傷つけることがないように注意してください。

タオルドライでしっかり水分を取り、ドライヤーをあてる時間を短くし、軽いトリートメントオイルなどで髪をコーティングしてからおやすみください。

ちょっとした手間で、朝のお手入れが楽になりますよ!

目次

「髪をサラサラにする方法 中学生」を調べている人がよく思う質問

どうしたら髪の毛がサラサラになるの?

洗髪時のお湯の温度や紫外線から髪を保護し、定期的にトリートメントを行うことが大切です。栄養バランスの取れた食事と水分補給なども重要です。

子供でも髪がサラサラになる方法はありますか?

子供の髪はまだとても柔らかくダメージを受けやすいので、優しい洗髪と栄養バランスの取れた食事と水分摂取が重要です。刺激の少ないシャンプーとコンディショナーを使い、ヘアブラシで優しく整えるとサラサラになります。

子供は髪の毛を綺麗にする方法はありますか?

子供は汗もかきやすくデリケートなので、地肌に優しいシャンプーで良く洗い、しっかり乾かしてあげましょう。柔らかいブラシで丁寧にブラッシングをし、丈夫な髪になるよう、しっかり栄養をとってください。

ヘアアイロンなしで髪をストレートにする方法はありますか?

水分保持に効果があるマイナスイオンが出るドライヤーを使用すると、髪に潤いを与え、広がりやうねりを抑えてくれるので、サラサラのストレートに近づきます。

まとめ:髪をサラサラにする方法はオイルやお手入れ法で解決

髪をサラサラにするためには、適度な油分と十分なうるおいが必要です。

十分な睡眠と、栄養バランスの取れた食事を心がけ、過度なストレスをためないようにしましょう。

丁寧なヘアケアをしても、うるおいは奪われがちです。

適切なお手入れをしながら、オイルなどで水分の蒸発を防ぎ、健康でサラサラの髪を保ちましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次