\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

ココアダイエットで痩せたって本当なの?飲み方やレシピも徹底調査!

ココアダイエットは健康によく簡単にダイエット効果を得られると評判の方法です。

けれども本当にココアダイエットで痩せることができるのでしょうか?

ここではココアダイエットの方法や根拠などについて解説をしていきたいと思います。

ココアダイエットで痩せたって本当?

ココアダイエットが痩せるかどうかには個人差があります

ココアには食物繊維やポリフェノールが含まれ、代謝を促進する効果があるとされています。

ただし、単体でのみではなく、健康的な食事や運動と組み合わせて行うことが重要です。

ココア自体が痩せる効果があると言うより、ダイエット全体の一環として摂取することがポイントです。

実際にココアを飲んでダイエットをして、痩せたという人がいるのは事実です。

ココアダイエットが痩せるという根拠は?

「ココアを飲むだけで痩せる訳がない」と思う人も多いですよね?

だからこそ、根拠を理解したうえでダイエットをしたいと思う方も多いでしょう。

ここでは、ココアダイエットの信憑性や根拠について解説をしていきたいと思います。

不溶性食物繊維が豊富

ココアには不溶性食物繊維が含まれています。

不溶性食物繊維の特徴

水に溶けない

水分を吸収して膨張する

この水分を含んで膨張する性質が満腹感をもたらすため、食事制御やダイエットにも効果が期待できると言われています。

また不溶性食物繊維は、腸の蠕動(ぜんどう)運動を促し、便通をスムーズしてくれるので、腸の健康をサポートするとされています。

ただし、食物繊維を摂取する際には適切な水分摂取も重要です。

ココアダイエットをするときは、適度な水分摂取を行いながら進めて下さい。

満足感が得られやすい

ココアが満足感を得やすいと感じる要因にはいくつかの理由があります。

満足感が得られるココアの秘密

甘味と濃厚なコクがある
  口当たりが良く、飲んだ際に満足感を感じやすい

脳のセロトニンと呼ばれる神経伝達物質に影響を与える
  セロトニンは幸福感や満足感に関与しているとされている

体を温める効果や心地よさ
  あたたかいココアはホットドリンクとして楽しまれることが一般的です

一杯で満足感を得やすいので、ココアはダイエット効果を実感しやすいのでしょう。

脂肪燃焼効果

ココアにはテオブロミンやカフェインなどが含まれていて、これらの成分が脂肪燃焼を促進する可能性があります。

テオブロミン
テオブロミンはココアに多く含まれるアルカロイドの一種で、中枢神経系への刺激や血管拡張の効果があります。
これが代謝を促進し、エネルギー消費をサポートする可能性があります。
カフェイン
カフェインもココアに含まれる刺激物質です。
脂肪酸を分解し、脂肪の酸化を促進することが知られています。
これによってエネルギー代謝が活発化し、脂肪燃焼が期待されます。

ただし、これらの成分が脂肪燃焼に対して直接的な効果をもたらすかどうかは、まだ完全に科学的に確認されているわけではありません。

ココアに含まれる物質は、一般的に、脂肪燃焼を促進する効果があると言われています。

抗酸化作用

ココアには抗酸化物質が豊富に含まれています。

これらの抗酸化物質は体内の酸化ストレスに対抗し、細胞や組織を守る効果が期待されています。

その中でも主な成分と言われているのがポリフェノールです。

ポリフェノールの効果

ポリフェノールとは… カカオに由来するフラボノイドとして知られる成分

抗酸化作用を発揮し、体内の活性酸素を中和する

動脈硬化の進行を抑制し、心血管系へのプラスの影響が与える

どの効果もあくまで「期待されている」という程度ではありますが、抗酸化物質のお陰で健康に良い影響を与える可能性は高いでしょう。

栄養素はあるがカロリーが低い

ココアには多くの栄養素が含まれていますが、一般的にはカロリーが比較的低いです。

ココアの主な栄養素 …  食物繊維、ポリフェノール、ミネラル

一般的な無糖のココアは砂糖や脂肪が少なく、そのため低カロリーです。

ただし、添加物が含まれている場合は注意が必要です。

無添加製品を選ぶ事で、低カロリーかつ満足感を充分に得られるので、ダイエット効果を実感しやすいでしょう。

イライラを抑える

ココアがイライラを抑える効果があると言われています。

イライラを抑える成分3つ

1.トリプトファン
 セロトニンの前駆体。セロトニンは心の安定感や幸福感を与えると言われている成分。

2.テオブロミン
  中枢神経系を刺激し、リラックス効果が期待できる

3.フラボノイド
  ココアの抗酸化物質であり、ストレスへの対抗力を高める可能性がある

このようにココアには、「イライラを抑える」とされている成分が多く含まれています。

整腸作用

ココアに含まれる食物繊維には、整腸作用があると言われています。

ココアに含まれている不溶性食物繊維は水に溶けず、腸内で水分を吸収して膨らむ性質があります。

これにより、排便がスムーズになる可能性があるでしょう。

また、腸内の蠕動運動(ぜんどううんどう)を促す効果も得られるでしょう。

これにより、便がスムーズに腸を通過しやすくなります。

血流を促す働き

ココアには血流を促進する可能性がある成分が含まれています。

血流促進に効果のある成分3つ

1.フラボノイド
  ココアにはカカオに由来するフラボノイドが豊富に含まれています。
  フラボノイドには血管を拡張させる効果があり、血流を促進する可能性があります。

2.ノビレチン
  血管を拡張させ、血流を改善する効果があると言われています。

3.テオブロミン
  中枢神経を刺激する効果があり、これが血管の拡張や血流を促進する可能性があります。

このように、ココアは血流促進の効果もある飲み物です。

ココアダイエットの飲み方

ココアダイエットの飲み方は個人の好みや体調によって異なります

ここではあくまで、効果が出やすい方法を解説していきたいと思います。

無糖または低糖質のココアを選ぶ

追加の砂糖や甘味料を控え、無糖または低糖質のココアを選びましょう。

これにより、余分なカロリー摂取を抑えることができます。

低脂肪または無脂肪のミルクを使用する

カロリーを抑えるためには、低脂肪または無脂肪のミルクを使用すると良いでしょう。

食事の代わりにしない

ココアは栄養価がある一方で、飲みすぎると摂取カロリーが増える可能性があります。

食事の代わりにはせず、適度な量で楽しむことが重要です。

適度な摂取量を守る

ココアにはカフェインやテオブロミンが含まれているため、適度な摂取量を守りましょう。

過剰な摂取は健康に悪影響を及ぼすことがあります。

ココアダイエットはいつ飲むと効果的?

ココアダイエットは、飲む時間帯によっても効果は変わってきます。

ここではより効果が出やすい時間帯について解説をしていきたいと思います。

朝食前または朝食代わりに

朝食前や朝食代わりにココアを飲むことで、代謝が活発になり、一日をスタートするためのエネルギーを補給します。

運動前

運動前に飲むことで、エネルギーを補給し、パフォーマンス向上脂肪燃焼をサポートできます。

空腹時

空腹時に摂ると、食事前に満腹感を得ることができ、過食を防ぐ助けになります。

ストレスやイライラしたとき

ストレスやイライラしたときに摂ることで、セロトニンの増加リラックス効果が期待されます。

就寝前

睡眠前にはカフェインの摂取に注意が必要です。

しかし、無糖のココアなど軽いものを摂ると、リラックス効果があるとされ、睡眠の質を向上させるかもしれません。

ココアダイエットの効果はいつからでる?

ココアダイエットの効果の現れるタイミングは個人差があり、様々な要因に影響されます。

ただ、早い人であれば数週間から数か月で効果を実感することができます。

ダイエットはどうしても、体重の変化や代謝の改善など、個人の身体への反応により差があります。

そのためすぐに効果が出なくても仕方がありません

より早く効果を実感したいのなら、食事や運動との組み合わせや、生活習慣の見直しが重要です。

  • バランスの取れた食事や適度な運動を行う
  • 十分な睡眠時間の確保
  • 十分な水分摂取
  • ストレスの少ない生活を心がける

ココアダイエットは単なる飲み物の摂取だけでなく、全体的な生活習慣の改善が不可欠です。

ココアダイエットに使用するココアは何がいい?

ココアの種類にこだわることで、より早くダイエット効果を実感できる場合があります。

ココアを選ぶときのポイント

 無糖または低糖質

 無脂肪または低脂肪のミルク

添加物が少なく、天然の成分が使われている

その他、ポリフェノールの配分量が高いココアもおすすめです。

カカオ含有率が高いココアは、フラボノイドや抗酸化物質が豊富で、健康に良いとされています。
70%以上のカカオ含有率が目安とされることがあります。

ココアダイエットで牛乳に混ぜて飲んでもいいの?

ココアダイエットにおいて牛乳にココアを混ぜて飲む方はとても多いでしょう。

牛乳を混ぜることで美味しさがプラスされて、より楽しくダイエットを行うことができます。

ただし、いくつかのポイントを注意したうえでダイエットを実践して下さい。

牛乳を混ぜて飲むときのポイント

低脂肪または無脂肪のミルクを選ぶ

砂糖や脂肪分の量に注意する
  全体のカロリーが上がってしまわないよう、成分の含有量に注意しましょう

自分の好みに合わせて選ぶ
  
牛乳の代わりに、アーモンドミルクや豆乳などを使用するのも良いでしょう

ココアに牛乳を加えることで、コクが増して飲みやすくなります。

ただし、摂取する全体のカロリーが上がることを理解したうえでダイエットを始めましょう。

ココアダイエットの体験談

https://twitter.com/sakura_iddm/status/1701936087286104068
https://twitter.com/moketaro_/status/1726009400010408253

https://twitter.com/takay5221/status/1750511337330086312

ココアダイエットは手軽で始めやすく、いろんな種類があるから用途に合わせてダイエット形態を選びやすいので、おすすめのダイエット方法です!
しっかり体を絞りたい!というよりも、緩く楽しくダイエットを続けたいという方にぴったりの方法だといえます。

ココアダイエットのメリット

ココアダイエットにはいくつかのメリットとデメリットがあります。

ここではメリットを解説していきます。

ココアダイエットのメリット
美味しいドリンクを楽しみながら、ダイエットができる
  無糖または低糖質、低脂肪のココアを選んで、低カロリーをキープしましょう。
健康的に良い影響も得られる
  抗酸化物質を豊富に含み、これらの成分は健康に良い影響を与えます。
  (抗酸化作用・血流促進・リラックス効果など)

またココアに含まれるテオブロミンが、中枢神経を刺激し、食事前に飲むことで、食事量をコントロールするのに役立つこともあります。

ダイエットにつきもののイライラやストレスを抑えつつ、健康にも良い成分をたくさん得られるのがココアダイエットのメリットです。

ココアダイエットのデメリット

一方でココアダイエットにはデメリットもあります。

ココアダイエットのデメリット
選ぶココアによってカロリーを増やしてしまう
  市販の製品には砂糖や脂肪分が含まれていることがあり、逆に太りやすくなる可能性も。
ココアに含まれるカフェインが睡眠に影響する
  カフェインが睡眠に影響を与え、寝る前に飲むと寝つきが悪くなる可能性もある
ココアを飲むだけでは痩せない

また、他のダイエットと同様に、ココアダイエットの効果には個人差があります

ココアの摂取だけでは、十分なダイエット効果が期待できません。

食事や運動との組み合わせをしたり、摂取量やカロリーに気を遣わなければ、十分な効果を得られないでしょう。

ココアダイエットは、使用するココアや飲む時間帯に注意が必要です。
また、「ダイエット効果自体は低い」「ただ飲むだけで痩せることはできない」という点が、ココアダイエットのデメリットと言えるでしょう。

ココアダイエットのおすすめレシピ

ココアダイエットを楽しみながら取り入れるための、おすすめレシピをいくつかご紹介します。

より楽しく続けるためにも、アレンジしながらココアダイエットを楽しみましょう。

チョコバナナスムージー

■材料

バナナ 1本
無糖ココアパウダー 1スプーン
低脂肪のヨーグルト 1/2カップ
アーモンドミルクまたは牛乳 1/2カップ
氷 適量

■つくり方

1.バナナ、ココアパウダー、ヨーグルト、アーモンドミルク、氷をブレンダーに入れます。
2.甘味料を追加する場合は好みで調整します。
3.滑らかなテクスチャになるまでブレンドします。
4.グラスに注いでお楽しみください。

アボカドココアプディング

■材料

アボカド 1個
無糖ココアパウダー 2スプーン
低脂肪または無脂肪のミルク 1/2カップ
甘味料 お好みで(オプション)

■つくり方

1.アボカドをスプーンでくりぬき、ミキサーやフードプロセッサーでなめらかにします。
2.ココアパウダー、ミルク、甘味料を加え、再び混ぜます。
3.グラスに注いで冷蔵庫で冷やし、冷えた状態で飲んでください。

「ココアダイエット 痩せた」を検索する人がよく思う質問4選

ココアは痩せる効果がある?

ココアには低カロリーで豊富な抗酸化物質が含まれ、飲むことで満腹感が得られるため、ダイエットをサポートしてくれる可能性があります。しかし、単体での大きなダイエット効果は期待できず、健康的な食事や運動と組み合わせることをおすすめします。

ココアの痩せる飲み方は?

無糖または低糖質のココアを選び、低脂肪ミルクや水と合わせましょう。その際の甘味料は控えめにすることが大切です。また、食事の代わりには適していません。運動前や空腹時に摂取し、飲み物として適切な量を守ることと、バランスのとれた食事と組み合わせることが重要です。

ダイエット中にココアを飲むのはだめですか?

ダイエット中にココアを飲むことは問題ありません。無糖または低糖質のココアを選び、低脂肪のミルクや水で割ると、低カロリーで満腹感を得られます。ただし、飲み過ぎには注意が必要です。摂取カロリーを考えて量を調整しましょう。

ココアは1日何杯まで飲めますか?

ココアの適切な摂取量は個人の健康状態などによって異なりますが、過剰摂取は避けるべきです。1日に数杯程度が適量で、摂取カロリーやカフェインに気を付けて飲みましょう。

目次

まとめ:無理せず効果的に取り入れてみるのが良い

ココアダイエットは、ストレスなく安心して続けられるダイエット方法です。

健康に良い成分を補いながら、気軽に続けられる方法なので多くの方にお勧めします。

ただし、ココアダイエットだけでは大幅な体重減少は期待はできません。

運動やそのほかの食事制限と合わせて行うことで、より高い効果を得られるでしょう。

気軽にダイエットを始めたい方、ダイエット中のストレスやイライラにお困りの方は、無理せず続けられるココアダイエットを始めてみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次