メメントモリはつまらない?無課金きついしストーリーないのになぜ売れた?今は過疎化?

2022年10月18日にリリースされたロールプレイングゲーム「メメントモリ」

美しく儚い世界観を表現したCMが注目され、プレイしたことがない方でもタイトルだけは知っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

田村ゆかりさんや花澤香菜さん、水瀬いのりさんなど、豪華な声優陣がキャラクターボイスを務めていることでも話題を集めました。

これから始めてみたいと思っている方もいらっしゃると思いますが「課金しないと楽しくないの?」という心配もあるかと思います。

そこで今回は、「メメントモリ」はつまらないのか、無課金でも楽しめるのかなど、その魅力についても調査してみました!

目次

メメントモリはつまらない?

引用元:メメントモリ公式サイト

課金の要素が多い

ガチャを引く際に使用する「ダイヤ」や、ゲームを有利に進めていくために必要な「盟約特権」、バトル時に貰える報酬が増える「月間ブースト」など、課金する要素が多いメメントモリ。

無課金でも遊べますが、対人要素もあり、結局「課金した人が強い」という結果になったことが「つまらない」と思われる原因の一つのようです。

繰り返しが多くて飽きてくる

メメントモリにはメインストーリーが第一章しかなく、クエストにストーリーはありません

一つの章が終わると最後にボス戦をして、勝利したら次の章に進むという仕組みとなっていて、「勝利したら報酬を獲得→キャラクターのレベルを上げる」この繰り返しになります。

メメントモリは放置系RPGとなっていて、放置したままで自動的に戦闘をして報酬がもらえるゲームになっています。「放置して素材を入手」からの「入手した素材でキャラをレベルアップ」ということで、同じ操作ばかりで飽きてしまうようです。

ゲーム性が盛り上がりに欠ける

メメントモリには、ストーリー性がほぼありません。キャラクターのストーリーも見ることはできるのですが、それはレベルを上げてからのお話。

さらに戦闘シーンも、スキップ機能があるため勝利したシーンも見逃してしまうことがあります。忙しい時には便利だと思える機能ですが、「だったらなんでやってるの?」と虚しさも感じてしまいます。

ゲームにとって大切な部分が物足りないと感じることから、「つまらない」と思われる原因の一つになっているようです。

メメントモリはもはや過疎化?

引退者が多い

SNSなどでメメントモリについて検索すると「引退」という書き込みがよく見かけられました。みなさん様々な理由がありますが、「ゲームについていけなくなった」という声がちらほら…

また、メメントモリは対人要素があり、プレイヤーがグループとなってコミュニケーションがとれる「ギルド」というものがあります。それまで協力してきたメンバーへ報告として、「引退します」と書き込む方も多かったため、メメントモリは引退者が多いイメージにもつながっているように感じます。

課金でお金がかかる

上記でもご紹介したように、メメントモリでは課金するポイントがとても多いです。もちろん無課金でも楽しめるように作られてはいますが、制作側にとっては課金してもらうのも目的の一つですからね…

特にメメントモリは、対人要素が多く「課金したもの勝ち」と感じる部分があります。そのため、「こんなに課金しなければいけないならもう辞める」と引退される方が多いようです。

メメントモリをやめた理由は?

戦闘を眺めるだけ?

引用元:メメントモリ公式サイト

メメントモリの戦闘はオートバトルになっており、基本的に観戦するだけのものになっています。

左には自陣、右には敵陣があり、攻撃やスキルを使って先に相手を全滅させることが勝利条件です。スキルの使用も自動化されており、キャラ編成だけをすればプレイヤーが介入する場面はほとんどありません。

戦略の要素はスキルを組み合わせることで無限大に広がりますが、一度固定化されたパーティーが主流となり、ゲームの重点はキャラの育成に置かれています。

ゲームの操作が苦手という方には便利かもしれませんが、「ゲームをしっかりやりこみたい!」という方には少し物足りないでしょう。

ガチャが渋くて当たらない

キャラクターの強さが戦闘の進行に関わっているため、プレイヤーは欲しいキャラクターをガチャで引き当てなければいけません。しかし、メメントモリはそのガチャが非常に厳しいといわれています。

メメントモリの最高レアリティを引き当てる確率は4.46%となっており、他のアプリゲームのガチャと比べると、そこまで低いわけではありません。しかし、ガチャを回すために必要な「ダイヤ」の配布量が少ないのです。そのため、課金をしてダイヤを買わなければいけなくなります。

また、キャラクターを最高レアリティまで強化するためには、同じキャラクターを18体も当てなければなりません。いくら当選確率がそこまで低くないといっても、18体を引き当てるのは大変ですよね。

これこそが「メメントモリはガチャが渋い」といわれる原因なのでしょう。

絵は綺麗だけど少し怖い

メメントモリのストーリーは「魔女狩り」から始まっており、切ない展開が待ち受けています。その世界観を表すため、キービジュアルなども薄暗い色遣いに。

繊細な絵柄で描かれているメメントモリは、アート作品のように美しいのですが、その儚さが「少し怖い」と感じてしまうようです。

また、メメントモリのCMでも、寂しそうな女の子のキャラや無言で画面に近づいていく演出、音楽などが「ホラー映画みたいで怖そう」という意見も。

さらに、タイトルのメメントモリとは「死を想う」という意味を持つラテン語です。「死」という意味がタイトルに含まれていることから「怖いゲーム」という印象を持たれてしまうのでしょう。

メメントモリ無課金はきつい

無課金だと限界がくる

メメントモリは、キャラクターガチャやスタミナ回復などの課金要素はたくさんありますが、基本的なプレイは無料できます。しかし、やはり限界を感じる場面も…

  • キャラクターガチャを引けないので、強いキャラクターが手に入らない
  • アイテムのが手に入らないので、なかなか育成が進まない
  • スタミナ回復が遅いので、プレイできる時間が少ない
  • 総じて高難度のステージに行くと勝てなくなる

無課金でも配布ダイヤは手に入るので、キャラクターガチャを引くことはできます。しかし、配布ダイヤだけですとガチャを回せる回数も少なく、強いキャラクターはなかなか手に入りません。

また、キャラクターの育成に関するアイテムも課金となっているため、無課金ですと育成や強化は課金勢と比べると劣ってしまいます。

スタミナ回復にも課金が必要で、無課金ですとプレイ時間は制限されてしまうのです。

以上のことから、無課金のままだとキャラクターがなかなか強くならないので、ある程度のステージまで行った際に勝てなくなり限界を感じます。

放置ゲー要素で数か月かかることも

無課金ですと限界を感じる部分はあるものの、毎日コツコツと続けて、ゆっくり進めていけば課金をしなくても十分強いキャラクターを育成し、楽しめると思います。

メメントモリは放置ゲーといわれており、放っておいてもオートで戦闘を行ってくれるため報酬を獲得できます。放置での戦闘で獲得できるのは24時間までなので、毎日コツコツログインしましょう。

また、ログインボーナスや、デイリーミッション、1日1回無料でできる「高速バトル」など、毎日コツコツとプレイすることでアイテムが獲得できます。

しかし、この方法でキャラクターを強化していくには長い月日が必要になります。メメントモリは対人要素もあるので、「早く強くなりたい」「ほかのプレーヤーに勝ちたい」という方には無課金だときつく感じるでしょう。

早く進めたいなら無課金はきつい

上記でご紹介したように、メメントモリではキャラクター強化のための課金アイテムが豊富です。

毎日コツコツ続けていれば無課金でも十分強くなってはいくのですが、やはり課金勢に比べると時間は倍以上かかってしまいます。

自分のペースでゆっくりプレイしたい方なら無課金でも楽しめますが、しっかりゲームをやり込んで、高難度のステージをクリアしていきたい方にとっては無課金はきついでしょう。

メメントモリはストーリーがない?

ストーリーの数そのものが少ない

メメントモリは「死」をテーマにした作品で、その世界観に惹かれて始めたいと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが…実はメインストーリーは第1章しかありません

クエストにストーリーはなく、一つの章が終わると最後にボス戦をして、勝つことができたらまた新しい大地が解放され次の章に進むという仕組み。「勝利したら報酬を獲得→キャラクターのレベルを上げる」この繰り返しになります。

「ストーリーがないってことは戦闘だけ?」と思われるかもしれませんが、メメントモリはキャラクターごとのストーリーがしっかり作り込まれているんです。そのため、メインストーリーが少なくても、キャラクターの魅力や世界観は楽しめます。

キャラやファンタジー好きなら満足

引用元:メメントモリ公式サイト

メメントモリの魅力の一つが、繊細な描写で描かれた豊富なキャラクターたちです。

しかも豪華声優のフルボイスとなると、戦闘の操作そっちのけで聞き入ってしまいたいほど。ゲームをやり込みたい方にとっては物足りなかったオートバトルも、声優好きな方にとっては嬉しいポイントになります。

メメントモリのキャラクターボイス
  • パラデア…内田彩さん
  • ユニ…石見舞菜香さん
  • マチルダ…釘宮理恵さん
  • リズ…田村ゆかりさん
  • クラウディア…安済知佳さん
  • ギルウィアル…花守ゆみりさん
  • アイリス(黒鎧)…水瀬いのりさん
  • イリア(神呪)…花澤香菜さん
  • プリシラ…日高里菜さん   など

キャラクターがしっかり作り込まれており、メインストーリーが少なくてもその独特な世界観を楽しむことができるため、「キャラクターに魅力を感じる」「ゲームは苦手だけど、ファンタジーな世界観は好き」という方にはピッタリですね。

内容がつまらないとは限らない

メインストーリーが第1章しかなく、ゲーム性も「勝利したら報酬を獲得→キャラクターのレベルを上げる」という繰り返しのため、ゲームをやり込みたいという方にはつまらないと感じてしまうメメントモリ。

しかし、その世界観やキャラクターの設定がしっかり作り込まれており、ひとつの物語として楽しめる一面があります。

無課金だと高難度のステージに進めなくなり、きついと感じることもあると思いますが、毎日コツコツと続けて試行錯誤すれば絶対無理ということもありません。頑張ってステージクリアをすれば、達成感も感じられ楽しめるはずです。

メメントモリはなぜ売れた?

水彩画タッチのイラスト

引用元:メメントモリ公式サイト

メメントモリは、悲しい運命を背負う「魔女」と呼ばれる少女たちが世界を救うために戦うストーリーとなっています。タイトルの意味も含めて、やや暗く重いストーリーです。

そんなメメントモリの世界観がよく伝わってくるのが、水彩画風で描かれたキャラクターなどのイラスト。儚いながらも秘めたる強さを感じる絵柄に、ついつい見入ってしまいます。

ゲーム内の音楽が人気

しっかりと設定が作り込まれている、メメントモリのキャラクターたち。なんと、キャラクターそれぞれにオリジナルソングが作られているんです。

キャラクターボイスを担当された声優さんが歌っている場合もありますが、96猫さんやDaokoさん、平原綾香さんなど豪華なアーティストが担当してるキャラクターも

オリジナルソングは「ラメント」と呼ばれており、ホーム画面で設定したキャラクターのBGMとなります。

複雑な操作やコンテンツが少ない

メメントモリの戦闘はオートバトルになっており、キャラクターを編成しておけば、その後にプレイヤーが介入する場面はほとんどありません。

スキルの使用も自動化されているので、ゲーム初心者の方や、ゲームの複雑な操作が苦手な方には嬉しいポイントです。

キャラクターを強化し、高難度ステージをクリアするための戦略はしっかり考えなければいけないので、ゲームの操作よりも頭脳戦が得意な方にもおすすめです。

スキップ機能でテンポがいい

メメントモリの戦闘シーンには「スキップ機能」があるため、忙しい時にはサクサクと進めることができます。

ゲーム性が「戦闘に勝利したら報酬を獲得→キャラクターのレベルを上げる」の繰り返しとなるので、同じ操作ばかりで飽きてしまうときには便利な機能です。

しっかりゲームをやり込みたい方には物足りなさを感じるかもしれませんが、「忙しいけどゲームは進めたい」という方にはありがたいですよね。

メメントモリ無料で楽しむには

無料のイベントがある

メメントモリでは定期的にイベントが開催されており、課金しなければいけないものもありますが、無料でも楽しめるイベントもあります。

例えば、2024年3月14日から3月29日まで開催された「魔女の贈り物(パラデア)」というイベントでは、無料でしたらガチャチケットやバフ効果が入手できますし、課金すればパラデアや有償ダイヤを入手することができます。

無課金で楽しみたい方はイベントのチェックを忘れずに、無料のものにはしっかり参加してみましょう。

アタッカー育成を優先する

メメントモリを無課金で楽しむためには、いくつかの効果的な進め方があります。

そのなかでも王道なのが「アタッカーを優先して育成する」というもの。メメントモリの戦闘においては、アタッカーが最重要とされています。

おすすめなのがフローレンスまたはコルディというキャラクターで、特に強いというわけではありませんが、レアリティを上げていくのが比較的簡単なんです。

メメントモリは編成した5人のキャラのうち、一番高いレベルのキャラに他のキャラも合わせていくシステムになっています。そのため、全員がレベル120の編成よりも、他は100だけどアタッカーが140という編成の方が強いのです。

そのため、まずはアタッカーを強くしていくのが重要とされています。

まとめ:メメントモリは世界観とイラストがメイン

「メメントモリ」はつまらないのか、無課金でも楽しめるのかなど、その魅力について調査してみました!

結論から言いますと、「無課金でしっかりゲームをやり込みたい!」という方には物足りなさを感じるかもしれませんが、「ゆっくり世界観を楽しみながら進めたい」という方にはおすすめです。

  • メインストーリーが第一章しかない→キャラクターストーリーが作り込まれている
  • 戦闘がオートバトルなので同じ操作ばかり→放置でもOKなので忙しい人でも楽しめる
  • 課金要素が多い→毎日コツコツログインして、効果的な育成をしていけば無課金でも強くなる

メインストーリーが第一章しかないため、全体的なストーリー性には欠けてしまいますが、キャラクターストーリーはしっかり作り込まれています。

水彩画風の美しい魔女達はフルボイスとなっており、有名アーティストが歌うオリジナルソングまで楽しめます。

メメントモリとは「死を想う」という意味で、今作も少し暗く重めの内容となっているので、その世界観を楽しむ方にはピッタリのゲームでしょう。

毎日コツコツとミッションをクリアしていけば無課金でも楽しめますし、お気に入りのキャラクターがピックアップされたときには課金してみるという方法でも良いでしょう。

自分に合った楽しみ方で、メメントモリをプレイしてみてくださいね♪

「メメントモリつまらない」を調べている人がよく思う質問

メメントモリはいつサービス終了ですか?

メメントモリは2024年3月現在、サービス終了の案内はでていません。

メメントモリが人気な理由は何ですか?

メメントモリというタイトルにピッタリな、儚さを表現した水彩画風のイラスト。そして、悲しい運命のキャラクターとそのオリジナルソングが人気の理由です。

メメントモリは誰が作ったのですか?

メメントモリを開発したのは、京都新宿区に本社を置く日本のゲームアプリ開発・運営をする「株式会社バンク・オブ・イノベーション」です。

メメントモリは課金が必要ですか?

メメントモリは課金をしなくても十分楽しめます。無課金ですと高難度のステージをクリアするのは難しくなりますが、毎日コツコツと育成していけばクリアできます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次