\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

ピアスを開けない方がいい人って?安定しない人の特徴や割合など徹底解説

ピアスは、耳たぶや軟骨に穴を開けてアクセサリーをつけるおしゃれの一つです。

しかし、最近は「ピアス離れ」という言葉も聞かれるようになり、ピアスを開けない人も増えています。

ピアスを開けることにはメリットだけでなく、デメリットもあります。

例えば、感染症やアレルギーのリスクが高まることや、仕事や学校でピアスが禁止されていることなどです。

また、ピアスを開けることは自分の個性や印象を変えることにもなりますが、それが必ずしも好ましいとは限りません。

そこで、この記事では、ピアスを開けない方がいい人の特徴や理由、ピアスを開けない人の割合や印象などについて、徹底的に解説していきます。

ピアスに興味がある人や、ピアスを開けるか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

ピアスを開けないでほしい人の特徴は?

傷の治りがいつも悪い人

ピアスホールは完成するまで、傷と同じ状態になります。

そのため、生まれつき炎症や化膿しやすい人、傷の治りがいつも悪い人は、開けない方がいいでしょう。

傷口からばい菌が入り、化膿やかゆみなどのトラブルが起きる可能性があります。

また、丁寧に細心の注意を払ってピアスホールが完成しても、ピアスで穴の中を引っ搔いてしまうと、新たに傷が発生し傷口から化膿して痛みやかゆみが起こる場合があります。

炎症や化膿しやすい人は、ピアスを開けた後も、注意しながら自己管理が必要になります。

金属アレルギーがある

金属アレルギーの人が、アレルギー非対応のピアスを身に付けてしまうと、かぶれや腫れなどの症状、場合によっては強いアレルギー反応が出る危険性があるため注意が必要です。

最近では、金属アレルギーの人でも装着できる肌に優しい素材のピアスも取り扱いが増えています。

アレルギー非対応のピアスは3coinsなどにも販売していますが、アレルギー対応は安価ではなかなか種類もありません。

お友達とお揃いなどは難しいですが、ピアスを楽しむことはできます。

しかし、金属アレルギー対応のものでも大丈夫かどうかは個人差があるため、装着時間を短くするなど、様子を伺いながら自身がどの素材まで問題ないのか、確認しながらピアスと付き合う必要があります。

耳たぶが厚い人(福耳)

耳たぶが厚い人(福耳)は、穴を真っ直ぐにあけることが難しくホールが完成しにくい傾向にあります。

また、傷が大きくなるため、膿やしこりが発生しやすく、厚みによってホールがなかなか安定せず、ピアスを開けた後に後悔するケースもあります。

風水や人相学では、「福耳の人がピアスを開けると、穴から金運が逃げる恐れがある」とされています。

福耳の人は耳たぶの主張が強いため、華奢なデザインのピアスが似合いにくいことも・・・

また、市販のピアスの芯が短いと留め具で留められないため、ハンドメイドなどのオーダーメイドに依頼する方も多くいらっしゃいます。

自身の耳の厚みが一般的なピアスのサイズとあっているかは重要な要素ですね。

痛みが不安な人

ピアスを開ける瞬間やホールが完成するまでの間は、どうしても痛みが伴います

少しのチクッとした感覚も苦手な人は、ピアスを開けないほうがいいでしょう。

麻酔を使ってピアスを開けてくれる医療機関もありますが、ピアスを開けた後もジンジンと痛みが残る場合もあるため、怖い方はきつく感じるかもしれません。

また、ピアスホールが安定しても、ピアスホールが傷ついてしまった時などは着脱時に出血したり、痛みを伴うことがあります。

痛みに弱い方は、十分に考えたほうがいいかもしれません。

ピアスの手入れが面倒に感じる人

ピアスホールが完成するまでは、日洗浄や消毒などの丁寧なケアが必須です。

ケアをさぼってしまうと、傷口からばい菌が入り、化膿やかゆみなどのトラブルが起きる可能性があります。

日常から、着用したピアスを定期的に洗う、こまめに汚れを落とすなどのメンテナンスは簡単ですぐ終わりますが、面倒臭がりには継続することが難しいかもしれません。

また、ピアスは鍵やスマホ、他のアクセサリーのどんなものより失くしやすいです。

美容院など外出中も外す場面は多々あり、適切に管理ができないとすぐに紛失します。

最低限の管理能力は必要かもしれません。

ピアス開ける人って減った?

ピアスは耳元を華やかにしてくれるアクセサリーですが、ピアスを開けない人が増えているそうです。

一体なぜ、ピアスを開ける人が減ったのでしょうか?その理由を探ってみました。

ピアスホールのケアが面倒だから

ピアスホールは開けた後も定期的にケアが必要です。毎日洗浄や消毒をしたり、ピアスを外して清潔にしたりしなければなりません。

しかし、そんな継続的なケアが面倒だと感じる人もいます。また、ケアを怠ってしまうと、化膿やかゆみなどのトラブルが起きる可能性もあります。

そうなると、ピアスホールは楽しみではなく負担に感じてしまうかもしれません。リスクを避けたいと思う人は、ピアスホールを開けない選択をする場合も増えています。

イヤリングのバリエーションが豊富になったから

以前は、イヤリングの種類はピアスに比べて少なく、デザインも地味で目立たないものが多くありました。

しかし、最近ではイヤリングのバリエーションが豊富で、特にイヤーカフと呼ばれる耳たぶより上の部分につけるイヤリングは人気になっています。

また、イヤリングは手軽に着け外しができるので、気分や服装に合わせて変えられます。

そんなイヤリングの充実ぶりに惹かれて、ピアスホールを開けなくても満足できるようになった人も多いようです。

最近の子はピアス開けない?

最近の若者は、ピアスを開けない人も多いようです。

ピアスはファッションの一部として楽しむ人も多いですが、中にはピアスホールに対して偏見誤解を持っている人もいます。

例えば、ピアスホールがあるだけで「チャラそう」「メンヘラ」などとレッテルを貼られたり、就職活動や仕事でマイナスイメージを与えたりすることもあるようです。

そういった心無い言動に傷つくことを避けたいと思う人や、自分の好きな仕事に就きたいと思う人は、ピアスホールを開けない選択をするようです。

ピアスを開けてない人の割合

ピアスを開けてない人の割合は約47%だそうです

ピアスを開けてない人の理由としては、以下のようなものが挙げられました。

  • ピアスに対する興味や関心がないから
  • ピアスホールのケアや管理が面倒だから
  • イヤリングで十分だから
  • 金属アレルギーや肌トラブルがあるから
  • 痛そうだから
  • チャラそうに見えるから
  • 親や学校や職場の反対があるから


また、ピアスを開けてない人は、イヤリングやクリップタイプのアクセサリーで耳元を飾る人が多いようです。

ピアスを開けている年代としては、30代が最も多く、その次に多かったのは20代でした。

30代が多かった理由としては、以下のようなものが考えられます。

  • 10代の頃にギャルの全盛期ブームとなり、安室奈美恵さんなどトレンド芸能人がピアスを開けていたから
  • 学生時代に校則や親の反対で開けられなかったが、社会人になって自由になったから
  • 金銭的に余裕が出てきてオシャレに興味が出たから
  • 自分らしさや個性を表現したくなったから

一方で、10代40代以上は比較的少なかったです。これは、以下のような理由が考えられます。

  • 10代は校則や親の反対で開けられない場合が多いから
  • 40代以上はピアスに対する偏見や誤解が強く、オシャレとして受け入れられない場合が多いから

ピアスが痛くない人の特徴

ピアスが痛くない人の特徴を下記にまとめてみました。

金属アレルギーに耐性がある人

金属アレルギーに耐性がある人は、ピアスを開けた後も肌トラブルや炎症を起こしにくい傾向があります。

金属アレルギーはニッケルやメッキなどの物質に反応することで起こりますが、耐性がある人はその物質に対して免疫を持っています。

ピアスを開けた後、傷口に金属を当ててしばらく過ごすことになりますので、金属アレルギーに耐性がある人は問題なくホールが完成しやすいです。

しかし、ピアスを開けて金属アレルギーを自覚する人も少なくないので、ファーストピアスは樹脂や金属アレルギー対応などアレルギーを起こしにくい素材がおすすめです。

肌荒れしにくい人

肌荒れしにくい人は、ピアスを開けた傷口に細菌や汚れが入り込んでも、感染症や化膿を起こしにくいです。

肌荒れしやすい人は、ピアスを開けることで刺激が加わり、かゆみや湿疹などの肌トラブルが起きやすいです。

金属は汗や雨などでも反応する素材なので、ピアスホールが安定するまでは、少しの環境の変化でも肌荒れが起こる可能性があります。

また、ピアスの位置によっては血行が一時的に悪くなり、耳たぶや付近に吹き出物が出来る人もいます。

傷が膿みにくく、治りが早い人

傷やニキビなどが普段から膿みにくく、治りが早い人は、ピアスを開けた傷口が早く安定します。

傷が膿んだり、治りが遅かったりすると、ピアスホールが不安定になったり、傷跡が残ったりする可能性があります。

耳たぶが薄い人

耳たぶが薄い人は、ピアッシング(穴を開けること)がしやすく、傷も小さく済みます。

耳たぶが厚い人は、針が刺さりにくく、ホールが途中で曲がりやすいです。

ホールが曲がってしまうと、毎回ピアスを装着するたびに穴の通過点を探すため、ホール内に傷がつきやすくなります。

その分、化膿や腫れなどトラブルの起きる可能性も高く、また安定するにも時間がかかります。

ピアス開けてる人の印象はどう見える?

ピアスを開けている人は「おしゃれ」な印象

ピアスを開けている人の印象について、最も多かった回答は「おしゃれで、約40%の人がおしゃれだと答えています。

その他にも「かわいい」や、「何も思わない」と答える人が多く、否定的な意見が見られたのは約10%でした。

この結果から分かるように、ピアスを開けている人に対しては肯定的な印象を持つ人が多く、否定的な印象を持つ人は少数派のようです。

特に女性はピアスを開けている人を「おしゃれ」や「かわいい」と感じる傾向が強く、男性よりも好意的な評価をしていました。

ピアスの数が多すぎると「メンヘラ・怖い」印象

ピアスを開けている人の印象は、ピアスの数場所によっても変わるため注意が必要です。

一般的には耳たぶに1個ずつ開けている程度なら問題なく受け入れられますが、それ以上に増やしたり、他の部位に開けたりすると、周囲からどう思われるのでしょうか?

まず、ピアスの数についてですが、男性が女性に対して「開けすぎだと思うピアスの数」は平均で3個でした。一方女性が男性に対して「開けすぎだと思うピアスの数」は平均で2個でした。

このことから分かるように、男性は女性よりもピアスの数に寛容であり、女性は男性よりもピアスの数に厳しい傾向があります。

ピアスの場所によっては「個性的・怖い」印象

次に、ピアスの場所についてですが、耳以外にも鼻や口やへそや舌など様々な部位にピアスを開ける人もいます。これらの部位についてはどんな印象を持つのでしょうか?

一般的には耳以外の部位にピアスを開けると、個性的」や「怖いという印象が強くなります。

特に舌や眉毛や唇など顔の目立つ部位にピアスを開けると、「痛そう」「不衛生」「不良」「反抗的」というネガティブなイメージが付きやすくなります。

ピアスを開ける年齢はいくつ?

自分が思うピアスを開けるのに適した年齢は20代がもっとも多く約40%でした。

次に多かったのは10代で約30%30代で約18%と続きます。40代以上では約17%でした。

この結果から分かるように、自分が思うピアスを開けるのに適した年齢は若い世代が多くなっています

しかし、実際には20歳以上であれば年齢の制限はありませんし、70歳代の方でもピアスを開けに行く人もいます。

自分が気持ちよくオシャレを楽しめれば、ピアスを開けるのに遅すぎるということはありません。

ピアス開けると運命変わるって本当!?

ピアスを開けると、見た目だけでなく、心や運気にも変化が起こると言われています。これはスピリチュアルな理由や風水の考え方に基づいているのですが、本当にピアスを開けるだけで運命が変わるのでしょうか?

  • ピアスを開けると運命が変わるスピリチュアルな理由

自分の体に穴を開けるという大きな決断をすることで、自信や勇気が湧き、新しい自分を探し出したいという気持ちが強くなるそうです。これは自分の人生に変化を求めているサインでもあります。


ピアスを開けることで、耳に風が通り、運気も流れやすくなります。耳は五感の一つであり、外界からの情報を受け取る重要な器官です。

耳に穴を開けることで、新しい情報やチャンスに気づきやすくなり、運命の出会いや幸せを引き寄せやすくなります。


また、ピアスを開けることでオシャレになったり可愛くなったりすることで、自分に自信が持てたり、周囲からの評価が上がったりします

これは恋愛運や人間関係にも良い影響を与えます。

  • 運気の上がるピアスの開け方や開ける位置

実はピアスの開け方や開ける位置によっても運気は変わります。

開ける数は奇数が良いとされています。特に恋愛運を高めたい場合は、左右で数が異なるようにすると良いでしょう。

例えば、左耳に2つ、右耳に1つ開けるなどです。これは左右のバランスを崩すことで新鮮さや刺激を与える効果があるからです。


開ける位置は耳たぶよりも耳輪(耳たぶから上部)の方が良いとされています。

特に金運を高めたい場合は、耳輪の中でも最も上部にあたる位置(天柱穴)に開けると良いでしょう。これは金運や財運に関係するツボだからです。


開ける素材は金属よりも真珠が良いとされています。特に金運効果抜群の真珠ピアスは、真珠のモチーフだけでなく、本物の真珠を使ったものがおすすめです。

これは真珠が海から生まれた貴重な宝物であり、豊かさや繁栄を象徴するからです。

  • 運気の下がるピアスの開け方や開ける位置

逆に、ピアスを開けることで運気が下がってしまう場合もあります。

ピアスホールを拡張しすぎることは要注意です。特に大きな穴を開けてしまうと、風だけでなく運気も流出してしまう恐れがあります。また、体への負担も大きくなります。


また、福耳(耳たぶが大きくて厚い)である場合は耳たぶに開けてはならないとされています。福耳は金運や幸運を呼ぶサインだからです。逆に福耳ではない場合は耳たぶに開けても問題ありません。


恋愛を成功させたいなら女性は右耳に開けることが良いとされています。

これは右耳が男性性・陽性・攻撃性・積極性・行動力・リーダーシップ・自己主張・自信・勝負・成功・名声・名誉・地位・権力・財産・金銭・幸福・健康・長寿・幸せ等々… 良い意味合いがたくさんあるためです。

ピアスを開けない方がいい人について!知恵袋によくある質問

ピアスを開けて後悔した人いますか?

ピアスを開けて後悔した人はいるようです。

ピアスは自分で開けてもいいですか?

ピアスを自分で開ける場合のメリットは、費用が安く済むことや、自分の好きなタイミングや場所で開けられることです。

デメリットは、衛生面安全面に注意しなければならないことや、痛みトラブルが起こる可能性があることです。

また、自身で開けるとピアスホールが曲がる可能性や、思ってたより下になってしまった・上になってしまった等のトラブルもあります。

ピアスを自分で開ける場合は、痛みや感染症のリスクを伴うため、病院で開けることをおすすめします。

ピアスを開けようか悩んでいます。ピアスを開けるメリットってなんですか?

ピアスを開けるメリットは、主に以下の3つがあります。

  • オシャレの幅が広がる
  • ピアスは様々なデザインや素材があり、服装や気分に合わせて変えることができます。見た目に可愛くもカッコよくもなれます。
  • ピアスはイヤーロブだけでなく、ヘリックスやトラガスなど軟骨部分にも開けることができます。人と被りにくい位置に開けることで、オリジナリティや優越感を感じられます。
  • 長時間つけていても痛くなりにくい
  • イヤリングは耳を挟んで固定するため、長時間つけていると耳が痛くなったり、血行が悪くなったりすることがあります。
  • ピアスは耳に貫通してキャッチで固定するため、圧力がかからず、長時間つけていても痛みを感じにくいです。安定してしまえば、つけっぱなしでも大丈夫です。
  • 紛失しにくい
  • イヤリングは重みで耳から滑り落ちたり、外れたりすることがあります。特に大きめのイヤリングは紛失のリスクが高いです。
  • ピアスはピアスホールに貫通してキャッチで固定されるため、外れてしまうことがほとんどありません。大切なピアスを失う心配が少なくなります。

ピアスが原因で目が失明するって本当ですか?

ピアスが原因で目が失明するというのは、 都市伝説です

ピアスを開けるときに視神経を傷つけることはありませんし、ピアスホールから出てくる白い糸も視神経ではありません。

白い糸は、ピアスホール内の皮膚が剥がれたもので、引っ張っても失明することはありません

ただし、ピアスを開けるときや交換するときには、衛生面に注意しなければなりません。

ピアスやピアスホールを清潔に保たないと、 感染症や薬剤耐性菌のリスクが高まります。

また、ピアスを開けるときや外すときに痛みや不安を感じると、迷走神経反射という現象が起こり、目の前が真っ暗になったり、失神したりすることがあります。

これは一過性のもので、鉄分不足の貧血とは違いますが、気をつけなければなりません。

ピアスを開けることは自分の判断で行うことですが、リスクもあることを忘れずに、正しい知識とケアを持って楽しむようにしましょう。

ファーストピアスにおすすめピアッサー紹介

ピアッサーを選ぶときのポイント

  • 開けたい部位に合ったピアッサーを選ぶ
  • 金属アレルギーに対応しているピアッサーを選ぶ
  • 気に入ったデザインのファーストピアスか

ピアッサーを選ぶ際のポイントは、開けたい部位に合ったピアッサーを選び、金属アレルギーに対応している素材を選ぶことです。

また、気に入ったデザインのファーストピアスが内蔵されているかどうかも確認しましょう。

この3つのポイントに基づいて、各部位に合ったおすすめのピアッサーをご紹介します。

なお、後で後悔しないためにも、目立たないデザインのファーストピアスではなく、気に入ったデザインのものを選ぶことも重要です。

おすすめピアッサー

医療用のステンレスを採用しており、滅菌処理済みの衛生の不安のないピアッサーです。

こちらは、不安な際に電話にてサポートも受けられます。

15種類の中から、ファーストピアスを選ぶことができて、安心してオシャレなファーストピアスを楽しめます。

金属アレルギーが心配な方や、学校やアルバイトで目立ったピアスがつけられない方は、こちらの樹脂製のピアッサーがおすすめ。

安定するまで透明の樹脂ピアスで目立たず、休日などオシャレしたいときは、芯の真ん中に穴が開いていて12mm以上の市販のピアスを通して嵌めることができます。

まとめ

ピアスはおしゃれの幅を広げるアクセサリーですが、ピアスを開けるかどうかは自分の体質やライフスタイルに合わせて慎重に判断する必要があります。

もし、ピアスを開けない方がいいと感じたら、ノンホールピアスやイヤリングなどで耳元を飾るのもおすすめです。

ピアスを開けるときは、正しい知識を持って行うようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次