\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

samラッパーへの軌跡|ラップバトル引退?彼女や舟平での活動を徹底調査!

SAMは、栃木をレペゼンするハーフのラッパーMCバトルでの活躍や独自のスタイルで人気を集めており、多くのファンから支持を受けています。

そんな彼について知っておきたいことを紹介していきます。

ラッパーSAMについて知っておきたいこと

ラッパーsamのプロフィール

本名     三浦舟平

生年月日   1994年11月15日

レーベル Per Life

samという名前の由来

「SAM」というラッパーネームの由来は、本名である「三浦舟平」のイニシャルをつなげたものだとされています。

この名前は、2015年の夏ごろから使用し始めたもので、当時栃木でライブ活動をしていたことから、ラッパーとしてふさわしい名前が必要だったために、この名前での活動をスタートしたとされています。

ラッパーsamの家族

SNSなどで家族の様子を時折投稿しているSAMの家族構成は、父、兄、弟、妹がいるようです。

SAMの父親は、演歌歌手の三浦慎也で、テレビ東京のバラエティ番組「ゴッドタン」に出演したり、ディズニー映画「アラジン」の主題歌『アラビアン・ナイト』の日本語版を担当した実績があります。

舟平の母親はフィリピン人で、彼が幼い頃に妹と共に家を出ています。

また、舟平のフィリピン人の祖母はビザの有効期限が切れていたことが判明し、フィリピンに強制送還されました。

そのため、舟平が祖母と最後に会ったのは強制送還前の留置所でした。

祖母は偽ブランド品を売るなどして生計を立てていたため、警察に調査され、不法滞在が発覚したとされています。

samの生い立ち

埼玉県所沢市生まれのSAMは、栃木県宇都宮市の出身として活動。

中学時代に一度ケンカに巻き込まれ、高校受験を受けることが許されなかったため、卒業後はそのまま建設会社に就職しました。

17か18歳のときに栃木県に移り住み人気MCバトル番組「フリーダンジョン」の初代ラスボスとしても有名な般若のラップに出会いました。

また、当時勤めていた建設会社の同僚に複数の人が輪になり即興でラップするサイファーを教えてもらい、さらに宇都宮駅前で行われたパフォーマンスを見に行ったことが、ラップを始めるきっかけになったそうです。

ラッパーsamの父親【演歌歌手 三浦慎也】について

上記でもいいましたが、samさんの父親は、演歌歌手の三浦慎也さんです。

とにかく歌の上手さに定評がある歌手ということです。

2022年に『望郷梓川』をリリースしており、現役の演歌歌手さんのようですね。

ゴットタンのマジ歌選手権に親戚のおじさん役で出演された際には、ネットで「なんだあの歌が上手すぎるおじさんは!」ということで話題になったそうです。

samさんのお父さんの曲も今度聴いてみたいですね。

ラッパーSAMって舟平に改名したの?

SAMについて、彼の名前に関してファンの間で話題になっています。

一部のファンからは、「SAMが舟平に改名した」という声が聞かれますが、これは本当でしょうか?

調べてみると2022年2月20日にSAMが自身のSNSで2022年の活動について発表をした3つのうち、1つに名前に関する発表がありました。

SAMは2022年から「SAM」ではなく本名である「舟平」名義で楽曲をリリースするとのことです。

実際にTwitterのアカウント名も「舟平/SAM」に変わっていました。

これからSAMは舟平として活動していくようですね。

本名:三浦舟平の由来は?

「SAM」という名前は、本名である「三浦 舟平」のイニシャルに由来することは先ほど紹介しました。

  では、次に本名の「三浦 舟平」の由来について調べてみました。

  本名に含まれている「舟」には「のんびり平和に育つように」という意味が込められているそうです。

また、舟平自身がその名前をとても気に入っているそうで、舟にちなんだ「羅針盤」、「いかり」、「舵」のタトゥーを掘っています。

SAMがラップバトルから引退を発表?その真相とは?

 2022年2月20日、MCバトルで数々の結果を残し、戦極25章では優勝を果たしてきた、レペゼン栃木のラッパー、SAMが自身のSNSで2022年の活動について3つの発表をしました。

その中には、2022年のMCバトルの出演を全て断ることが含まれており、多くのファンが驚きを隠せなかったようです。

SAMは2020年にインスタグラムでMCバトルに消極的な姿勢を示し、2022年は全てのMCバトルのオファーを断ることを発表しました。

ですが、SAMは現在も音楽活動を継続する予定であり、2022年からは本名である舟平名義で楽曲をリリースする予定です。

SAMは、MCバトルに出場することに対してあまり意欲的ではなくなったようですが、楽曲制作に力を入れていくことを決意しているようです。

SAMは、今後はライブで武道館やアリーナに立てるようになりたいと彼は語っています。

彼はMCバトルでの経験を活かし、新たな表現を追求することで、ファンたちに新しい音楽を届けることを目指しています。

2022年はMCバトルに出場しないことが決まったSAMですが、彼の今後の音楽活動に対する期待は高まっています。

実際に2023年には戦極29章に参戦することも決まっています。またSAMのMCバトルが見られるのは嬉しいですね。

ラッパーSAMのCDを徹底レビュー!おすすめ曲も紹介!

では次にSAMのおすすめの曲を紹介していきます。

samの楽曲【Days】

SAMの曲「Days」は2020年3月にMVが公開された楽曲で、アコースティックギターのジャジーなサウンドと小気味よいビートが特徴です。

SAMは押韻の伝道師と呼ばれるだけあり、この曲でも冒頭からR-1やピーターパンなどの韻を踏んでいます。また、歌詞には自分の人生や音楽に対する想いや葛藤が綴られており、リスナーに共感を呼びます。

この曲はSAMのラップスキルと感性が光る一曲で、彼の魅力を存分に感じることができます。MVもシンプルながらも彼の表情や動きが印象的で、観る価値があります。

SAMは自分の言葉で自分の世界観を表現しており、それが素直に伝わってきました。

舟平の楽曲【なんとかなる feat.般若】

「なんとかなる feat.般若」は、SAMが自身のヒーローである般若を客演に迎えた曲です。

tyoytがサウンドプロデュースを手掛けたこの曲は、「嫌なことが続いてうまくいかなかったり、なんとかなんなくても、なんとかなる」というコンセプトを基に、SAMと般若がマイクを回すラフで楽しいトラックに仕上がっています。

この曲は、SAMと般若の相性が抜群で、お互いのスキルやキャラクターを引き出しあっています。

サビでは、「どうせどうせどうせどうせ どうせどうせ なんとかなる」というフレーズが耳に残ります。

サビの前後では、SAMと般若が交互にラップを披露し、テンポ感やリズム感があります。

特に般若のパートでは、「俺らはずっと変わらず だからこそ変われる」というメッセージ性の強いラインが印象的です。

この曲は、不安や悩みを持つ人々に勇気や希望を与えるような一曲だと思います。

イケメンラッパー舟平/samに彼女はいるの?

では次に、イケメンラッパーとして人気のSAMの彼女の有無を紹介したいと思います。

気になる彼女の有無ですが、残念ながら現在は不明です。

TwitterやInstagramなどのSNSでは、仕事関係や友人との写真が多く見られますが、彼女らしき人物との写真はありませんでした。もしかすると、恋愛よりも音楽に打ち込んでいるのかもしれませんね。

しかし、過去には彼女がいたことを匂わせる発言もありました。

例えば、「ハッピーエンド」という曲では、「君を忘れたくない でも忘れた方が幸せだろう」という切ない歌詞を歌っています。

また、「YELLOW NIGHT」という曲では、「君に会えて良かった ありがとう さようなら」という歌詞もあります。

これらの曲から察するに、過去に別れた彼女への想いがあるのかもしれません

SAMさんはイケメンで才能もあるラッパーですが、恋愛面はあまり派手ではないかもしれませんね。

でも、そんな彼を応援してくれるファンも多くいますし、今後は素敵な出会いがあることを願っています。

彼女の有無は不明でしたが、彼の音楽や人柄に魅力を感じる方は多いことでしょう。

これからもSAMから目が離せませんね。

ラッパーサムとコムドットのあむぎりの関係性とは?

次はSAMとコムドットのあむぎりについて紹介したいと思います。彼らはどうやって知り合ったのでしょうか?そして、彼らは仲が良いのでしょうか?それでは見ていきましょう。

まずは、あむぎりについて簡単に説明します。

あむぎりは1997年生まれ、神奈川県出身のラッパーです。

彼はコムドットというYouTuberグループのメンバーでもあります。

コムドットは2016年に結成された男性5人組で、メインチャンネルでは様々な企画やチャレンジを行っています。

サブチャンネルではメンバーそれぞれが自分の趣味や特技を披露しています。

あむぎりはサブチャンネルで自分が作った曲やフリースタイルラップを披露しており、その実力は高く評価されています。

さて、ここからが本題ですが、SAMとあむぎりはどうやって知り合ったのでしょうか?

実は彼らが初めて顔を合わせたのは2021年2月25日に公開された動画「あむぎりラップバトルに挑戦!?+特技で対抗!w【SAM】」です。

この動画ではSAMがコムドットメンバー全員と一対一でラップバトルを行っており、最後にあむぎりと対決します。

動画では両者が互いに敬意を払って挨拶し、その後熱いバトルを繰り広げます。

結果的に勝者は決まらなかったものの、両者から素晴らしいパフォーマンスが見られました。

この動画がきっかけでSAMとあむぎりは仲良くなったようです。

実際にあむぎりはTwitterでこの動画を紹介しながら、「今回ご一緒させて頂きました SAMさん ありがとうございます! 本当尊敬します! 本当に勉強になりました! またご一緒させてください!」とツイートしています。

また、SAMもTwitterでこの動画を紹介しながら、「コムドットさんとラップバトルやってきました! あむぎりくんは本当にすごいですね! 今後も応援しています!」とツイートしています。

このように、彼らは互いに尊敬し合っていることが伺えます。

その後、SAMとあむぎりはどうなったのでしょうか?

実は彼らは2021年9月24日に公開された動画「【コムドット】あむぎり×SAM コラボ曲『FIRE』MV公開!!」で再び共演しています。

この動画では彼らがオリジナル曲「FIRE」を披露しており、その迫力あるラップと息の合った掛け合いが見事です。

動画では彼らがスタジオでレコーディングした様子やMV撮影した様子も見ることができます。

また、動画の最後では彼らが「FIRE」をライブで披露することを告知しており、ファンから大きな反響がありました。

このように、SAMとあむぎりはラップバトルから始まった関係を発展させてコラボ曲まで作るまでになりました。

彼らは年齢や経歴が違っても共通の趣味や目標を持っており、互いに刺激し合っています。今後も彼らから目が離せませんね。

以上、ラッパーサムとコムドットのあむぎりの関係性について紹介しました。

samのラッパーとしての活動についてまとめ

今回は、戦極MCバトルで2度の優勝を果たした実力派ラッパー・SAMさんについて紹介しました。

SAMさんのラップスタイルは、独特の声質やフロウ、鋭い言葉選びや比喩などが特徴的です。また、自分自身や相手へのメッセージ性も強く持っており、感情的な表現も多用します。

彼女の有無は現在は不明で、SNSでも彼女らしき人物との写真はありませんでした。恋愛よりも音楽に打ち込んでいる可能性が高いかもしれません。

現在も様々な曲をリリースしています。2022年11月14日には28歳の誕生日を迎えると同時に、「YELLOW NIGHT」という新曲のMVを公開しました。

SAMとあむぎりはラップバトルで初対面し、今では互いに尊敬し合って仲良くなっています。

以上がSAMさんのラッパーとしての活動について紹介した内容です。MCバトルだけでなく音楽制作でも才能を発揮する彼は、日本のヒップホップシーンで注目される存在ですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次