\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

ユニクロとguの違いは?会社の関係性や品質・サイズなど5項目を徹底比較

日本のファストファッションといえば、ユニクロとGU!

今回はそんなユニクロとGUの違いや会社の関係性などについて調査しました。

今や知らない人はいないと言っても過言ではない2大ファストファッションですが、意外にどこがどう違うのか知らない方も多いのでは?

ぜひ最後までご覧くださいね!

ユニクロとジーユーの関係は?会社について解説

ユニクロとGUは、どちらもファーストリテイリングというグループ会社が運営しているブランドになります。

「ファーストリテイリング」という会社名は、英語で「素早く(提供する)」を意味する「Fast」「小売業」を意味する「Retailing」を組み合わせて造られました。

素早く商品を提供できる小売業(ファストファッション)を目指して名付けられたそう。

ファーストリテイリングのブランドは、ユニクロやGUのほかにも「セオリー」や「プラステ」などがあります。

「セオリー」や「プラステ」はお値段が少しお高めですが、ユニクロやGUは誰でも手軽に購入できる手の届きやすいお値段が魅力的ですね。

ユニクロとguの違い面白い①コンセプトや年齢層

誰でも手の届きやすいユニクロとGUですが、実はコンセプトや年齢層には違いがあるのです!

以下で詳しく説明します!

ユニクロのコンセプトと年齢層

ユニクロの商品コンセプトは、シンプルかつ高品質な汎用性の高い“究極の普段着(LifeWear)”

年齢や性別、人種などに関わりなく、幅広い層をターゲットにしています。

老若男女問わず、誰にでも似合うような服を提供しているんですね。

確かに、ユニクロはシンプルで人を選ばないような服が多いイメージですよね!

ユニクロ
コンセプト:シンプルかつ高品質・汎用性の高い“究極の普段着”
年齢層:老若男女問わず幅広い

GUのコンセプトと年齢層

一方で、GUは10代や20代の若者世代をターゲットにしています。

最旬のトレンドアイテムから定番のベーシックアイテムまで、幅広いアイテムを、手に取りやすい価格で販売しています。

広告にも、きゃりーぱみゅぱみゅさんや、中条あやみさん、今田美桜さんといった若者を中心に人気の有名人が起用されています。

ユニクロと比べると、確かに若者向けな服が多いですよね。

ちなみに、GUのロゴマークですが、“GU”の黄色の文字は「優等生のユニクロを兄に持つ、おしゃれでちょっとやんちゃな妹」というイメージを表しているようです!

おもしろいですよね!

GU
コンセプト:最旬のトレンドアイテムから幅広いアイテムを手の取りやすい価格で
年齢層:10代~20代の若者世代

guとユニクロはどっちが安い?違い②値段

次は値段について、どちらのほうが安いのか比較していきます。

ユニクロの値段

ユニクロの値段の相場は2,000円~15,000円程度

ほかのブランドと比べると、低価格で手の届きやすいお値段ではあるものの、素材にこだわっているものや、コラボ商品などは、少しお高めのものもあります。

GUの値段

GUの値段の相場は1,000円~5,000円程度と、ユニクロよりもGUのほうが値段は安いです。

若者世代をターゲットにしているため、若者が手の届きやすい価格設定になっていますね。

ユニクロとGUの違い③品質と機能性

次は、品質と機能性についても比較していきます!

ユニクロの素材・機能性

ユニクロは素材や機能性にこだわっている商品が多いのが特徴です。

特に「ヒートテック」「エアリズム」などは、機能性が高く、長年愛されている定番の商品ですよね。

ユニクロは上記でもご紹介したように「LifeWear(究極の普段着)」をコンセプトにしています。

「LifeWear」には

  • 生活ニーズから発想した服
  • 細部への工夫に満ちた服
  • シンプルで完成度の高い部品としての服
  • 変化を先取りして進化し続ける服
  • あらゆる人のための上質な服

などを定義づけており、ユニクロが人々の生活に寄り添えるような機能性や、素材にこだわっているのがわかりますね!

GUの素材・機能性

GUはトレンド重視のため、ユニクロに比べると、機能性や素材は若干劣ります

しかし、最近は素材や機能性も向上してきており、高品質のアイテムや高機能のアイテムも増えてきています

ユニクロとGUの違い④デザイン・シルエット

デザイン、シルエットについても違いがあります!

詳しく見ていきましょう!

ユニクロのデザイン・シルエットの特徴

ユニクロは、シンプルで定番のアイテムやデザインの商品が多いのが特徴

ジャストサイズのものが多く、流行りや年齢に関係なく、長く使うことができるアイテムが多いです。

  • シンプル
  • 定番のアイテムやデザインが多い
  • ジャストサイズのものが多い
  • 流行りや年齢に関係なく長く使うことができる

GUのデザイン・シルエットの特徴

一方でGUはトレンドを意識したデザインやアイテムが多いのが特徴です。

シルエットやサイズも、若者を中心に数年前からトレンドになっている「オーバーサイズ」のものや、最近のトレンドの「ミニT」など、おへそが見えてしまう丈のTシャツやポロシャツも販売されています。

ユニクロと比べ、若者でないとなかなか着るのに勇気のでないアイテムもありますね…(笑)

  • トレンドを意識したアイテムが多い
  • 「オーバーサイズ」や「ミニT」などの短い丈のものなども販売されている
  • 若者向け

ユニクロとGUの違い⑤サイズ感

続いてサイズ感について見てみましょう。

ユニクロのサイズ展開

実はユニクロは、XS~4XLまで幅広いサイズを取り扱っています。

しかし、店舗で販売されているのはS~XLまでで、XS、XXL、3XL、4XLを取り扱っているのはオンラインストアのみとなり、4XLはメンズトップスのみとなります。

上記でもご紹介したようにユニクロはジャストサイズで着ることを想定して作られているものが多いので、敢えて大きめのものを選んだりするよりも、ピッタリのサイズを選ぶほうが良いでしょう。

  • XS~4XLまでの幅広いサイズを取り扱っている
  • XS、XXL、3XL、4XLを取り扱っているのはオンラインストアのみ
  • ジャストサイズで着ることを想定して作られたものが多いため、自分にピッタリのサイズを選んだ方が良い。

GUのサイズ展開

GUは、XS~3XLまでのサイズを取り扱っています。

店舗で取り扱っているのは、S~XLまでで、XS、XXL、3XLは、オンラインストアのみでの販売となります。

また、GUはボトムスも丈が長めのものや、短めのものも取り扱っているため、身長が高い方も低い方も、自分にピッタリなサイズのものを見つけることができますよ。

個人的な感想なのですが、ユニクロは比較的ワンピースやボトムスは背が高めの人に向けて作られているものが多いように感じます。

私は身長150㎝なのですが、ユニクロの商品でワンピースなど可愛いデザインのものがあっても、試着してみると丈が長くてひきずりそう…なんてことがあったりします…^^;

その点GUは裾直ししなくても丁度良いボトムスが多いような気がします。

背が低い方は、ボトムスやワンピースはGUの方がピッタリのものを見つけやすいかもしれませんね。

  • XS~3XLまでのサイズを取り扱っている
  • XS、XXL、3XLを取り扱っているのはオンラインストアのみ
  • ボトムスも丈が長めのものや短めのものを取り扱っている。
  • 身長が低い人はGUのほうがピッタリのものを見つけやすいかも。

ユニクロとguの似ている商品は何が違う?

ユニクロとGUは似ている商品がいくつかありますが、それらの商品についても比較してみましょう!

ユニクロとgu:エアリズムの違い

ユニクロの「エアリズム」と、それに似ている商品のGU「スタイルドライ」を比較してみます。

結論から言うと、どちらも機能性はほとんど変わらないですが、機能性の多さは「スタイルドライ」、一つひとつの機能性はユニクロの方が若干優れているように感じます。

まず、「エアリズム」の機能性や特徴は以下の通りです。

  • 速乾性があり汗を瞬時に吸収・拡散して乾かす
  • 凹凸が少なく、シルクとほぼ同じなめらかさで低摩擦
  • 伸縮性があり、横に約2倍、縦に約1.5倍伸び身体にフィットする
  • 接触冷感機能
  • 消臭機能

続いて「スタイルドライ」の機能性や特徴は以下の通りです。

  • 吸収速乾性
  • ドライメッシュ素材により通気性に優れ、ムレにくい
  • 接触冷感機能
  • 抗菌防臭機能
  • 部屋干し対応
  • ストレッチ機能
  • 吸放湿機能

どちらも機能性はほとんど変わりませんが、GUの「スタイルドライ」の方が「部屋干し対応」や「吸放湿機能」などがあり若干多くなっていますね。

また、「スタイルドライ」はレディースだとキャミソールやタンクトップ、カップ付き、チューブトップやTシャツなど多くの種類から選べるようになっています。

しかし、ユニクロの「エアリズム」もインナーからトップス、ボトムス、ワンピースに始まりラウンジウェアやグッズ、寝具なども展開しており、様々なシーンで「エアリズム」を活用することができます。

機能性についても、上記でもご紹介した通りユニクロは機能性にこだわっているので、一つひとつの機能は「エアリズム」のほうが若干優れているかもしれません。

  • 「スタイルドライ」の方が、若干多くの機能性がある
  • 「スタイルドライ」はレディースだとキャミソールやタンクトップ、カップ付きなど多くの種類から選ぶことができる
  • 「エアリズム」はインナーからトップス、ボトムス、ラウンジウェアや寝具なども展開しており、様々なシーンで活用することができる
  • 一つひとつの機能性は「エアリズム」の方が若干優れている

どちらもそれぞれ良いところがあるので、使うシーンや欲しい機能、デザインなどを考えて選ぶと良いですね。

ユニクロとgu:ダウンの違い

続いてダウンの違いについても見ていきます。

どちらもコスパ◎ですが、価格はGUのほうが安く、機能性や保湿性などはユニクロのほうが若干高いようです。

まず、ユニクロのダウンは以下のような特徴があります。

  • 価格が安くクオリティーが高い
  • シンプルなデザイン流行を気にせず着ることができる
  • 毎年アップデートや改良モデルを発売している
  • 機能性や保湿性が高い

ユニクロのダウンの特徴はなんといってもクオリティーが高く、価格が安いこと。

毎年ユーザーの声を基にフードのサイズ感を変えたりシルエットを変えたりなどのアップデートや改良を行っています。

機能性や保湿性も高く、それでいて2900円~20000円以下で購入することができるんです!

コスパ◎ですね!

また、シンプルなデザインで流行を気にせずに着ることができます。

流行りに左右されないので長く着ることができるのではないでしょうか。

その点でもコスパ良いですね!

続いてGUのダウンについての特徴は以下の通りです。

  • ユニクロよりも低価格
  • トレンドを意識したデザイン
  • 安いのに防寒性・保湿性がある
  • パーツ類は少し安っぽい

GUのダウンの特徴は驚きの価格の安さ

2900円~6000円以下で購入することができちゃいます。

ユニクロも低価格ですが、GUはユニクロよりも価格を抑えてある印象です。

価格が安いということで、暖かいのかな?と心配になる方もいるかもしれませんが、防寒性や保湿性も十分。

ユニクロがシンプルなデザインなのに対し、GUは少しトレンドを意識したデザインのものが多いです。

トレンドライクのものを安く買えるのは嬉しいですよね!

ただ、パーツ類は少し安っぽく見えるようですが、あまり人からはパーツが見えることはないので、問題はないのではないでしょうか。

トレンドを意識したデザインのものを安く買いたいときにはGU機能性や保湿性が高いものを安く買いたいときはユニクロを購入すると良いかもしれませんね。

ユニクロとgu:ヒートテックの違い

寒い季節に大活躍のヒートテックの違いについても見ていきます。

ユニクロの「ヒートテック」とGUの「スタイルヒート」を比較してみました。

比較してみると、価格が安いのは「スタイルヒート」、暖かいのは「ヒートテック」でした。

ユニクロのヒートテックの特徴は以下の通りになります。

  • GUの「スタイルヒート」よりも若干暖かい
  • たくさんの「快適機能」がある
  • 寒さに応じて3つのタイプから選ぶことができる

ヒートテックは汗などの水蒸気を繊維が吸収して熱エネルギーに変える発熱機能のほかに、

  • 保湿機能
  • 吸収速乾
  • 吸放湿
  • ストレッチ
  • 静電気防止
  • 消臭機能
  • 防菌防臭機能
  • 形状保持

などなど、様々な機能があります。

また、寒さによって3つのタイプから選ぶことができ、形についてもクルーネックやVネック、タートルネックTなど6種類の中から選ぶことができます。

様々な機能を兼ね備え、寒さによって使い分けることができる…。

これは長年愛されている理由がわかりますね!

寒い時期の必需品って方も多いのではないでしょうか(^^)

続いてGUのスタイルヒートの特徴は以下の通りです。

  • ユニクロの「ヒートテック」よりも価格が安い
  • 様々な機能がある
  • クルーネックやVネックなど、好きな形を選べる

スタイルヒートはヒートテックよりも価格が安く、ユニクロが790円~1990円程度の価格なのに対し、690円から購入することができます!

値下げされている時は、390円という驚きの値段で販売していることも…!

安い上に機能性は抜群で、スタイルヒートにも、

  • 抗菌防臭
  • 保湿機能
  • 吸湿発熱素材
  • 静電気防止機能
  • ストレッチ素材

など、ユニクロと同じような機能がついています。

形も、クルーネックやVネックなどから、好きなものを選ぶことができます。

しかし、暖かさは若干ヒートテックのほうが優れているようです。

より安く買いたいという方は「スタイルヒート」値段が少し上がってもより暖かいほうが良い、寒さに応じて使い分けたいという方は「ヒートテック」がおすすめです!

ユニクロとgu:ブラトップの違い

続いて、ブラトップの違いについて見ていきます!

ユニクロとGUのブラトップの違いは、ざっくり言うと、価格や素材・機能性デザイン性です。

価格はGUの方が安く、素材や機能性はユニクロのほうが高いようです。

デザイン性についてはGUのほうが高い印象です。

まずユニクロのブラトップについて詳しく見ていきましょう。

価格:2290円~
特徴

・着心地が良い素材
・洗濯タグがプリント仕様になっていてチクチクしない
・「エアリズム」「エアリズムコットン」「デザイン」「コットンブレンド」の4種類がある
・胸の形を立体的に整えてくれる

ユニクロのブラトップは2021年より脇から背面の素材が、縫い目のない「ヘム生地」に変更され、縫い目が気になることなく着れるようになりました。

2023年からは素材がよりやわらかくなり、さらに着心地がよくなったようです!

洗濯タグもプリント仕様になり、チクチクせず快適に着ることができますよ♪

種類は「エアリズム」「エアリズムコットン」「デザイン」「コットンブレンド」の4種類があり、自分の好みのものを見つけることができます。

また、胸の形を整えてくれる工夫がしてあり、胸をきれいに見せてくれますよ。

続いてGUのブラトップについても詳しく見ていきます。

価格:990円~
特徴
・デザインやバリエーションが豊富で、おしゃれなデザインや可愛いデザインも多い
・胸にフィットして胸をきれいに見せてくれる

GUのブラトップはデザインやバリエーションが豊富で、チラッと見えても可愛いものやおしゃれなものもたくさんあります。

やっぱり可愛いものやおしゃれなものだと気分が上がりますよね♪

価格も安く、1番安いものは1000円以下で購入することができます

おしゃれで可愛いものが1000円以下で手に入るのは嬉しいですよね。

また、胸にしっかりフィットしてくれるので、胸の形をきれいに見せてくれますよ!

機能性や着心地を重視するならユニクロデザインや価格の安さを重視するならGUを選ぶのがおすすめです!

ユニクロとgu:パンツの比較

最後にパンツの比較をしていきます。

ユニクロとGUのパンツを比較すると、価格はGUのほうが安く、デザインやシルエット、サイズ感などにも違いがありました。

まずユニクロのパンツの特徴は以下の通りです。

価格:1990円~4990円
デザイン・シルエット:シンプルでベーシックなものが多い
サイズ感:丈長めのものもある

ユニクロのパンツは1990円~4990円くらいまでのものが多く、デザインやシルエットは比較的ベーシックでシンプルなものが多い印象です。

サイズ感は、丈が標準のものと長めのものもあります。

ワイドパンツなどはGUと比べて少し細目の印象です。

続いてGUのパンツの特徴です。

価格:1490円~2990円
デザイン・シルエット:トレンドを意識したものが多く、様々な種類のパンツが揃う
サイズ感:丈が長めのものや短めのものもある

GUのパンツは1490円~2990円くらいまでのものが多く、ユニクロよりも低価格となっています。

デザインやシルエットはトレンドを意識したものが多く、バギージーンズやワイドパンツ、ショートパンツなど、様々な種類のパンツがあります。

サイズ感は丈が長めのものも短めのものもあり、ワイドパンツなどはユニクロよりも少しダボっとした印象です。

キチンとした感じやきれいめな感じに仕上げたいときはユニクロカジュアルな感じやトレンドライクに仕上げたいときはGUを選ぶと良いかもしれません。

ユニクロとジーユーがある店舗

ユニクロとGUどちらも実際に比較しながら買い物したい!という方におすすめなのが、ユニクロとGUが一体になった一体型店舗や合同店舗に行くこと!

一体型店舗や合同店舗は神奈川県の「三井アウトレットパーク横浜ベイサイド」や大阪の「ユニクロGU心斎橋店」などがあります。

それぞれの店舗の詳細や、そのほかにもユニクロとGUがある店舗などをご紹介します。

三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド(合同店舗)

三井アウトレットパーク 横浜ベイサイドの詳細は以下の通りです。

場所:神奈川県横浜市金沢区白帆5ー2
営業時間:10:00~20:00
定休日:不定休
電話番号:045ー775ー4446

三井アウトレットパーク横浜ベイサイドには東京湾が一望できる屋上公園があり、子供が安全に遊べる遊具などもあるので、家族連れの方や子連れの方にもおすすめです!

ユニクロ GU心斎橋店(一体型店舗)

ユニクロGU心斎橋店の詳細は以下の通りになります。

場所:大阪府大阪市中央区心斎橋筋2ー1ー17
営業時間:11:00~21:00
定休日:不定休
電話番号:06ー6484ー3304

B1・1・2階にユニクロ、3・4階にGUがあります。

ファッションアドバイザー『おしゃリスタ』がトレンドアイテムの着こなしやなりたいイメージに合ったスタイルを提案してくれるそう!

ファッション迷子になったときなど、とても助かりますよね!

その他のユニクロとジーユーがある店舗一覧

その他のユニクロとGUがある店舗は以下の通りです。

ユニクロの店舗一覧↓

沖縄
ユニクロABLOうるま店
福岡
ユニクロMARK IS 福岡ももち店
ユニクロKITTE博多店
大阪
ユニクロ大阪店
ユニクロekimo梅田店
東京
ユニクロBIGBOX高田馬場店
ユニクロTOKYO
ユニクロEtika fit東京丸ノ内線改札前

ユニクロの店舗検索はこちら

GUの店舗一覧↓

福岡
ジーユーヨドバシ博多店
ジーユーMARK IS 福岡ももち店
大阪
ジーユーかみしんプラザ店
ジーユーあべのキューズモール店
東京
ジーユーららぽーと立川立飛店
ジーユーアリオアリオ北砂店

GUの店舗検索はこちら

ユニクロとguの違い まとめ

ここまで、ユニクロとGUの違いについてお送りしてきました。

ユニクロの特徴

  • シンプル
  • 定番のアイテムやデザインが多い
  • 機能性が高いものが多い
  • ジャストサイズのものが多い
  • 流行りや年齢に関係なく長く使うことができる

GUの特徴

  • トレンドを意識したアイテムが多い
  • 「オーバーサイズ」や「ミニT」などの短い丈のものなども販売されている
  • 若者向け
  • ユニクロよりも低価格

ユニクロは定番のアイテムやベーシックなものが多く、流行りや年齢を気にせず着れるのがいいところ。

GUは若者向けに作られたトレンドを意識したアイテムが多く、低価格で買えるところがいいところでした。

どちらもそれぞれいいところがありますね!

ぜひご自分にあったほうを選んで、お気に入りのものを見つけてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次