\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

家賃保証会社はおかしい?賃貸保証会社が意味不明や高すぎるという声に言及!

家賃保証会社は、賃貸契約をするときに活用できて便利です。しかし、

仕組みなどがおかしいな

と感じている方も多いようです。

なぜそう感じてしまうのでしょうか?

そこで今回は、家賃保証会社はおかしいのか?それらの理由について調べていきます。

家賃保証会社はおかしい?

家賃保証会社は、入居者が家賃を滞納したときでも大家さんが家賃を徴収することができるシステムのことを言います。

大家さんに対しての保証ですが、入居している側が払うのは可笑しい意見がたくさんあります。

しかし、家賃保証会社があるのは入居者側に連帯保証人を立てたくないという方がいるからです。

家賃保証会社の費用を払って利用すると、結局は入居する側にとって良いことが多いです。

なので仕組みを詳しく知れば、おかしくは無いはずです。

家賃保証会社はおかしいと言われる理由は?

家賃保証会社がおかしいと言われるようになった理由は、リーマンショックの時期から始まります。

家賃を滞納してしまった入居者に対して、一部の家賃保証会社がこのような追い出し行為をしました。

  • 留守中にカギを交換して閉め出す。
  • 家具などを勝手に持ち出す。
  • 入居者の名前を書いた張り紙を目立つ場所に貼る。

これは、ひどいですよね。

現在は、法令や社会的コンプライアンスをきちんと踏まえた業務を行っているためこのようなことは聞かなくなりました。

こういった理由から、おかしいと言われています。

賃貸の家賃保証会社は意味不明?

賃貸の保証会社について詳しく紹介していきます。

項目はコチラです。

  • 家賃保証会社とは
  • 保証会社を使う理由
  • 連帯保証人が要る場合も保証が必要

それぞれ説明していきます。

家賃保証会社とは

家賃保証会社は、賃貸契約のときに入居者が家賃や敷金を支払えなくなった場合に代わりに支払ってくれる会社です。

入居者は契約のときに手数料を支払い、その代わりに家賃保証会社が入居者が支払えなくなった時に家賃を保証してくれます。

これによって、大家さんや不動産管理会社は滞納リスクを軽減することが出来て、入居者も安心して物件を借りることのできる仕組みです。

保証会社を使う理由

保証会社を使う理由は以下の3つあります。

  • 入居者が家賃を支払えなくなった時に、家賃保証会社がその代わりを支払ってくれるので大家さんたちは安定した収入を確保できるからです。
  • 家賃保証があると、入居者は滞納の心配が軽減されるので物件を選びやすくなってきます。
  • 入居者が急に支払えなくなった時でも、家賃保証会社が代わりに知らってくれるので、大家さんは不測の事態に備えることが出来るからです。

両方にとってのメリットがありますね。

連帯保証人がいる場合も保証会社が必要

連帯保証人が要場合でも、物件によっては保証会社も必要となる場合もあります。

どちらも家賃滞納のときのリスクを軽減するための手段ですが、役割が違います。

連帯保証人:入居者の保護者などが契約のときに賃貸契約に署名をして、家賃を滞納したときには連帯して支払うということです。

入居者の信用が不足している場合や初めての賃貸契約の時に要求されることがあります。

家賃保証会社:保証会社は入居者が家賃を払えなくなった時に、代わりに家賃を払うサービスを提供しています。

連帯保証人や入居者の信用が低い場合でも利用することが出来ます。

連帯保証人がいても家賃保証会社に入っておくことでより安心できますね。

賃貸の家賃保証会社は高すぎる?

家賃保証会社はどのくらいの保証料がかかるのでしょうか?

  • 家賃保証会社の相場
  • 家賃保証会社が違法な場合

これらについて、説明していきます。

家賃保証会社の相場

家賃保証会社の相場は、家賃の50%~100%を支払うようになっています。

例えば、家賃8万円のアパートで保証会社を利用するとします。

賃貸契約を結ぶ時に4~8万円が保証料として必要になるという事なんですね。

そして、年間費用もあります。

これらの費用は、家賃保証会社ごとに異なります。

具体的な契約条件は契約前に確認して、比較検討することが必要ですね。

家賃保証会社が違法な場合

家賃保証会社が違法な場合は、このような状況が考えられます。

  • 高すぎる手数料や不当な条件が契約に含まれている時
  • 家賃保証内容や手数料についての明らかなウソがある時
  • 入居者が契約を守っているのに不当な理由で契約解除させられた時
  • 入居者のプライバシーを侵害する行為があった時

これらの時は、家賃保証会社にクレームを入れて問題が解決しないときは消費者機関や法的な場所に相談しましょう。

家賃保証会社を使うメリットは?

家賃保証会社を使うメリットはいくつかあります。

家賃を支払えない場合に備えて、家賃保証会社が代わりに支払ってくれるので、不動産会社や大家さんは安心できて賃貸契約をスムーズに進めることが出来ます

なので、入居者も物件選びがしやすくなります。

そして、入居者にとっても支払が困難になってしまったときの安心感があるので負担も軽くなりますよね。

家賃保証会社は入居者と不動産会社や大家さんの両方にとって頼もしいサポートだと思います。

家賃保証会社を使うデメリットは?

デメリットもいくつかあります。

まず、利用する場合は手数料や保証料が発生します。

なので、契約の時に総費用を考慮することが必要です。

また、契約条件や補償範囲には制約があり一部の条件を満たさない場合家賃滞納に対する保証が受けられないことがあります。

具体的な内容をしっかりと理解して、自分に合ったサービスを選ぶことが必要となってきます。

利用前にしっかりとメリットとデメリットを考えることが大切でしょう。

家賃保証会社の審査について

契約するときの審査は、どのような感じなのでしょうか。

  • 審査に必要な書類
  • 審査の流れ
  • 審査にかかる期間
  • 審査内容

それぞれ、詳しく説明していきます。

審査に必要な書類

審査に必要な書類はコチラです。

  • 賃貸保証会社の申込用紙
  • パスポートや運転免許証などの身分証明書
  • 給与明細や源泉徴収票、確定申告などの収入を証明する書類
  • 在籍証明書

具体的な書類内容は、家賃保証会社によって異なるので、事前に必要書類を確認しておきましょう。

審査の流れ

家賃保証会社の審査は、以下のような流れで行います。

STEP
申し込み

入居者や不動産会社か大家さんが保証を申し込みます。

STEP
書類提出

必要な書類を提出します。

身分証明書や収入証明書、などが必要となってきます。

STEP
審査

提出された書類や情報をもとに審査が行われます。

信用情報や収入などが確認されます。

STEP
提案

審査が通ると、会社から保証契約の提案があります。

契約内容や料金の提示があります。

STEP
契約

同意をしたら、正式な契約が結ばれます。

契約書に署名をして、手続きや料金の支払いが始まります。

家賃会社によって細かな違いはあると思いますが、だいたいこのような流れです。

審査にかかる期間

審査にかかる期間は、会社や状況によって変わってきますが一般的に数日から数週間と言われています。

ただし、審査に要する時間は、各会社の運営スタイルや審査の厳密度、提供されるサービスによって違ってきます。

早く入居したい場合は、審査にかかる時間を確認しておくのも大切です。

審査内容

審査内容には以下の点が確認されます。

  • 身分証明書を提出して、本人確認が行われる。
  • 信用情報やクレジットスコアを調査して、過去の支払い履歴や借金の状態を確認する。
  • 収入証明や給与証明を提出して、支払い能力を確認する。
  • 過去の賃貸履歴や滞納の有無を確認する。
  • 保証人がいる場合は、その信頼性や収入状況も確認される。

特に、過去の対応履歴が厳しく判断されるようです。

賃貸の保証会社審査に落ちた場合は?

もし、保証会社の審査に落ちてしまった場合は以下の対策を考えましょう。

まず、他の家賃保証会社を検討してみることを考えましょう。

各会社、条件が異なるので別の会社では合格する場合があります。

また、信頼できる保証人を見つけて再度挑戦することもいいでしょう。

保証人が条件をクリアすれば、審査が通る可能性が高まりますよ。

不合格の理由を理解して、具体的な改善策を考えていきましょう。

どうしても家賃保証会社に入りたくない場合は?

家賃保証会社に入りたくない場合は、どうすればいいでしょうか?

考えられる方法は以下の通りです。

一つ目は、信頼できる保証人を見つけることです。

保証人がいれば、保証会社を利用しなくても入居が可能です。

二つ目は、物件や条件を変更することです

家賃保証が不要な物件を探したり、条件を柔軟にすることで保証会社を使わずに契約できます。

三つ目は、貯金や保証金を用意することです。

十分な貯金や大家さんが求める保証金を提供することで、サービスを使わなくても契約が可能です。

家賃保証会社を使わずに賃貸物件を借りる方法は?

家賃保証会社を使わずに賃貸物件を借りる方法を考えてみました。

それがコチラです。

保証会社への加入が必要ない物件を借りる。

一番簡単な方法は、家賃保証会社へ加入をしなくても良い物件を探すことが良いでしょう。

家賃が低い物件だったり、賃貸物件の所有者が個人のところが加入が必要ない場合が多いです。

連帯保証人のみの物件を借りる

帯保証人だけで契約できる物件を借りることで、保証会社を使わずに賃貸契約が出来ます。

募集情報の欄に、家賃保証会社の利用が強制的ではないことが記載されている物件を探すと良いでしょう。

ただ、連帯保証人になってくれる方が入居者と同じように支払い能力の審査があることも伝えておきましょう。

UR賃貸を借りる

UR賃貸を借りる方法もあります。

UR賃貸は、家賃保証会社だけでなく連帯保証人や敷金・礼金も不要なんです。

築年数が古い物件などが多いので、メリットやデメリットを考えて契約しましょう。

「家賃保証会社 おかしい」を検索する人がよく思う質問4選

家賃保証会社の取り立ては違法ですか?

家賃保証会社には取り立て内容を規制する法律がありません。なので、厳しく悪質な取り立ても行うこともあります。

家賃保証会社は誰が払うのですか?

契約者は入居者なので、入居者が支払います。

賃貸 保証会社 審査 落ちたらどうなる?

何回も審査に落ちると借りられなくなる賃貸が増えてしまいます。

家賃を払い忘れたら保証会社は?

入居者が保証会社に連絡をして、保証会社が立て替え払いをしてくれます。

目次

まとめ:まずは家賃保証会社の意味を正しく理解しよう!

いかがでしたか?

今回は、家賃保証会社はおかしいのか?という事を調べまいた。

家賃保証会社の契約内容をしっかり理解すれば、おかしいとは感じないでしょう。

賃貸を契約するときは、何件か家賃保証会社をピックアップして自分に合った内容を探して契約しましょう。

少しでも参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次